ブログ

複利・ドルコスト平均法が逆効果になる危険な行動とは

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、複利が逆効果になる危険な行動についてお伝えします。

資産運用にチャレンジした方であれば、複利・ドルコスト平均法で財産を増やすことがいかに効果的であるのか十二分に理解されていらっしゃると思います。ところが、この強力な複利・ドルコスト平均法という仕組みですが、活用の仕方によってはこれらの効果が逆ザヤになって、あなたの財産を食いつぶしてしまうのです。

複利・ドルコスト平均法が逆ザヤで効いてしまう行動は、下記のようなものがあります。

1、複利で借入をすること

これは言わずもがなですが、借金が雪だるま式に増えていきます。投資信託の商品名に「雪だるま」という通称のファンドがあり、財産が瞬く間に増えていくという思いを込めているのだと推察しますが、複利での借り入れはこの投資信託の真逆で、瞬く間に借金を増やします。

また、悪質な融資先であるケースも多いでしょうから、早期返済・部分返済に応じてくれるとも限りません。くれぐれも、関わり合わないようにしましょう。

2、定額でインデックス投資の取り崩しをする事

NISAやDCでインデックス投資を積立て、取り崩しをする際に、定期的・定額で決まった金額を解約すると、タイミング如何によってドルコスト平均法の効果が逆に作用します。理由は単純で、株価が高い時に投資信託の解約が少なくなり、株価が低い時に投資信託の解約が多くなるからです。

一見、解約金額も平準化できるのではないかと思いますが、今後長期に積立ていく入口の部分(高掴みをしないためのドルコスト平均法)とは異なり、取崩しの初期に大きな株価下落が発生すると、取崩しの初期に投資信託を大量解約する事になり、財産が早期に減少してしまうのです(取崩しの局面においてはタイミング如何によって高掴みをしないための手法が、逆に財産を減らす結果となるかも!)。日本では余り論じている人がおりませんが、順序リスクという、れっきとした取崩しの際に財産が大きく減少するリスクなのです。

この順序リスクを避けるためには、投資信託を定率で解約する事です。定率で解約することで、株価が低い時は、少額の解約で留めることができ財産を長持ちさせられることでしょう。

複利・ドルコスト平均法を味方に付けながら、資産形成を行っていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 住宅ローンは繰り上げ返済すべきなのか?
  2. ネットワークビジネスにご用心
  3. イデコと小規模共済は両方は入れるのか
  4. 2022年に火災保険大幅値上げ⁈
  5. 中小企業の社長はどのように資産運用していけばいいの?
  6. 収益物件は優秀な従業員
  7. この鑑定評価って正しいの?
  8. 住宅ローンのペアローンは使えるのか

最近の記事

PAGE TOP