ブログ

こんな会社と取引するのは危ないかも・・

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、取引をする際に、注意した方がいいタイプの会社についてお伝えします。

個人的な見解ですし、一概に該当する会社全てが悪いという事ではありません。

どの会社も事務所・自宅など、営業するスペースがあると思います。

最近はパソコンさえあれば営業ができたり、基本的に外にしかいないような仕事もあります。

事務所・自宅などの、営業する場所を持たずに事業を行っている会社もあるでしょう。

しかし、取引する際に具体的な実体のない会社には注意したほうが良いでしょう。

例えば、基本的に外に出ずっぱりの社長が経営している会社でも、ご自身の持家を本店所在地にしているのでしたら比較的安心できます。

なぜなら、持ち家があるのでそこで内部作業をしていることが伺えますし、持家なので夜逃げするような心配も少ないからです。ここで言う実体のない会社とは、下記のような会社(社長)です。

①バーチャルオフィス等を本店にしており、登記されているだけで具体的な事業実体のないペーパーカンパニー

②シェアオフィス・コワーキングスペースなどを本店登記にしており、実際に事業をしているのは社長の自宅、自宅は持家ではなく賃貸である(都内に賃貸で住んでおり、地方出身者の場合はなお注意)

③ペーパーカンパニー・休眠会社など、主に都心に本店登記をしている実体のない会社の名刺を使っている社長

確かに今は必ずしも、固定設備を持つ必要はないので、安く本店登記するためにバーチャルオフィスなどを利用する手段はあるでしょう。ただ、詐欺又は詐欺まがいのビジネスをしている会社が、シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィスなどに本店所在地を置くケースも珍しくありません。いざというときに居場所が分からないので、逃げられますからね。

上記①と③のような形態の会社は、銀行が口座開設したくないと思うのは必然的です。

ましてや融資などしたら、失踪して居場所が分からなくなるのではないかと警戒されるケースもあるでしょう。

②の場合はケースバイケースですが、税理士の目線からすると少々警戒します。

社長の人柄をよく見ますし、既婚者の有無なども信頼してよいのか判断材料になります。

取引をするときには相手の会社の事業実体をしっかり観察しましょう。

きちんと自宅や事務所を本店所在地にしている会社と比較して、①~③のタイプの会社は危険なビジネスをしている可能性が高い傾向にありますので。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 意外と重要な中小企業の地域戦略
  2. 流動比率・当座比率が高い会社っていい会社なの?
  3. 月次決算はお早めに
  4. 実践して続ける事
  5. 個人ビジネスであることの限界
  6. 学習するメディアの選択
  7. こんな保険屋さんがいいです
  8. メーカーの人件費は固定費?

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP