ブログ

一回読んだだけでマスターできるの?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、読書の方法についてお伝えします。

個人でビジネスをしているあなたは、普段からセミナーに行ったり、書籍・DVD視聴など様々な方法で情報収集をされていると思います。

今回は、その中でも読書にフォーカスしてお伝えします。

読書は古典的な情報収集方法ですが、比較的安価で情報を集めることができます。

しかも、ノウハウ的なものではなく、データや事例など「情報」が集約されている量は、他のメディア(セミナー・DVDなど)よりも圧倒的に多い傾向にあります。私のような、コンサル・士業のビジネスですと日常的に書籍を購入する事は必要不可欠です。

この読書は、読み方や活用の仕方によって効果が異なってきます。同じ書籍を読んでも、結果の出る人とそうでない人がいるでしょう。これは、自分自身に書籍に書いてあった内容が合うか・合わないかという事はもちろんあるのですが、大きく2つのことをやるかやらないかで,、大きく結果が変わってくると感じます。

1つ目は、書籍に書いてある知識や経験を、「自分の物にする」という事です。

いちいち書籍を見なくても、書籍に書いてあったことが日頃から意識できている・人に教えられる、もちろんビジネスにも活かせているという状態です。ビジネスをしていく上では、中途半端にたくさんの本を読むよりも、良質な書籍を何回も徹底的に読み込み、腑に落ちるまで自分の物にすることが効果的です。

1度読んだだけでその書籍に書いてある内容が、全て自分の物になる人であれば1度だけ読めばよいでしょう。しかし、1度本を読んだだけで、1冊の書籍に書いてある内容をマスターできる人は多くないのではないでしょうか?必要な部分のみで良いので、5回でも10回でも1冊の書籍を読み込み、自分の物にしていきましょう。

2つ目は、書籍に書いてある事を行動に移すことです。

この部分が非常に弱い経営者が多いように感じます。アウトプットしなければ、いくら知識やノウハウをインプットしても意味がありません。

失敗しても大丈夫です、致命的なミスでなければ。

書籍に書いてある内容を片っ端から行動してみましょう。全部は無理でも、自分でも可能だ・自社に合っていると判断した内容のみでも、まず行動してみることが重要です。

すぐには結果に結びつかないかもしれませんが、動き続けましょう。そのうちビジネスチャンスが巡ってくるはずです。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 法人の経理はガラス張りにする
  2. メンターを見つけましょう
  3. 目標の達成は長い目で見ていく
  4. 仕掛・在庫の管理ができない弊害
  5. 固定費削減は先ずこの4つ
  6. 専門特化の切り口
  7. 材料在庫は多めに
  8. 流れるようにビジネスをしよう

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP