ブログ

企業の成長に伴う経営課題の変化

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、企業の成長に伴う経営課題の変化についてお伝えします。

人間のライフステージに応じて、目標や課題が変化するのと同様に、企業も成長に応じて経営課題が変化していきます。多くの企業では、どのように経営課題が変化するのか、見ていきましょう。

ステージ1 売上の課題

これはイメージしやすいと思います。会社を始めた際に、最初に目指すのは、必要十分な売上を安定的に計上する事です。

創業期における経営戦略は何を差し置いても、販売戦略を中心に考える事が肝要です。ステージ2以降の経営課題は、十分な売上を確保できているという前提で考えていく事になります。

ステージ2 人の課題

売上が上がるようになってきたら、あっと言う間に「人に関する課題」が出てきます。例えば、お客様の数や抱えている案件に対して、十分な人員を確保できていない・人件費と成果が見合っていない・離職率が高い等の問題が発生していきます。

このステージに突入した後は、社長の他に現場を統括してくれるような、番頭格の幹部社員を育てられるか否かで次のステージに進めるか決まってきます。

また、人の課題と同時並行で、売上の課題も再発生する可能性があります。人に仕事を任せる結果、既存顧客が離脱したり、固定費増大によってより大きな売り上げが必要になるからです。

ステージ3 組織の課題

十分な売上を確保し、人も増えて組織が拡大していくと、経営組織に関する課題が出てきます。この記事をご覧のあなたも、会社員時代に部門間の不仲や営業店同士の対立(コンフリクト)等を経験したことがあるのではないでしょうか。要するにそのような経営課題です。

このステージに突入すると、個々人や部門毎の部分最適と、会社全体を考えた全体最適が一致しなくなるケースがあります。また、営業部門が偉くて経理部門は下流など、社内での望まない序列・優劣関係のようなものが発生してしまう事もあります。

社長の求心力・カリスマ性と、管理会計など部分最適を許さない仕組作りが必要になってくるでしょう。

企業の成長によって経営課題は変化していきます。ただその経営課題は、多くの企業で共通しているものです。次のステージの経営課題を見据えた経営を行っていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 役員退職金を財務改善や資金繰りの安定に役立てよう
  2. 実践して続ける事
  3. 答えは現場にあり!②
  4. 業務を効率化するためには
  5. 経営者でも労災に入りたい
  6. キャッシュを生み出す花形商品はどれだろう
  7. オーナー企業における財産所有の戦略
  8. 行方不明の現金を増やさないために

最近の記事

PAGE TOP