ブログ

商品が生み出す3種類の利益とは

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、商品が生み出す3種類の利益についてお話しします。

世の中には日々たくさんの新商品が生まれています。ところで、商品を製造・開発する会社は、新商品を販売して自社にメリットがあったのか、つまり新商品が自社に利益をもたらしたのか把握しているのでしょうか。

各商品の個別的な利益を把握できないと、新商品を開発・販売してよかったのか分からなくなってしまいます。商品を販売した直後はバカ売れしたが、大量生産して在庫を供給できたと思ったら、途端に売れなくなってしまったようなケースは、なおさら新商品を販売してよかったのか分からなくなるでしょう。

このような状態に陥らないために、商品ごとに3つの利益を計算することが肝要です。

1.商品単体での粗利益

これを把握していない会社はないと思います。

可能であれば、商品開発までに掛かった開発費をどのくらい商品が売れれば回収できるのか、

シミュレーションしてみると販売目標を立てやすくなります。

2.一定期間ごとの商品ごとの粗利益

1ヶ月ごと、1年ごと、一定のスパンで商品ごとの粗利益を集計します。

新商品はもちろんのこと、既存の商品も利益が上がっているのか分かります。

もしかしたら、売れ残りで廃棄することが多い商品や返品の多い商品などは、赤字に転落してしまっているかもしれません。

赤字の商品は販売方法を見直したり、撤退するなどの経営判断が必要になります。

3.商品ごとのライフサイクル全体での粗利益

商品が販売開始されてから、今日に至るまでの累積の利益を毎期算定していきます。

上記に記載しました、販売当初はバカ売れしたのに途中でパッタリ売れなくなり大量の廃棄が出てしまったようなケースは、

商品のライフサイクル全体での利益があまり出ていないか赤字になってしまっているかもしれません。

しかし、これも商品ごとにライフサイクル全体での利益を算定したから分かる情報です。

累積で赤字になってしまっている商品は、今後販売を継続するのか検討する必要があります。

商品が発売開始されてから、姿・形をあまり変えていないロングセラーと呼ばれる商品は、

このライフサイクル全体での利益が非常に高いです。

  • 「三ツ矢サイダー 1884年発売・トマトケチャップ(カゴメ) 1903年発売・森永ミルクキャラメル 1899年発売」等の超ロングセラー商品は、何十年・何百年の利益の積み重ねで、企業に巨万の富をもたらしていることでしょう。

このように、商品ごとの利益を詳細に分析して、

新商品の販売は成功だったのか、どの商品を集中的に販売していけばよいのかなど、

具体的な数字に基づいて、根拠のある経営判断をしていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 一回読んだだけでマスターできるの?
  2. スモールビジネスにおけるランチェスター戦略
  3. 会社の収益と費用は対応していません
  4. 中小企業を長く存続させるためには
  5. 法人の経理はガラス張りにする
  6. 体調が万全でない場合の経営はどうする
  7. 戦略的に縮んでいく戦略
  8. ダーウィンの進化論と実際の会社経営

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP