ブログ

情報発信しないという選択

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、情報発信を戦略的にしない経営についてお伝えします。

通常ビジネスを発展させる際には、「ビジネスをやる以上まず知ってもらわなければ始まらない。知ってもらうために、SNSやメルマガの配信などで情報提供をしたり広告を打つなどして、情報発信していく必要がある」と考えます。

これはセオリー通りの話で、全く間違っていません。

ただ、「戦略的に情報発信をしない」という日本古来からの経営戦略もあります。京都流の「一見さん御断りビジネス」ですね。

会員制で、既存会員や有力者からの紹介でしかそのお店に入ることはできません。お店のHPもなければSNSのアカウントもなく、仮にどこからか情報が伝わってお店に入りたいと電話や訪問客が来ても一見さんであれば一切相手にしません。

このような日本古来の一見さん御断りビジネスは、特定の業種では非常に大きな力を発揮します。

例を挙げますと、専門職・bar等酒類の提供を主とする飲食店・職業紹介所・不動産業など、共通点をあげると継続的かつ高額の報酬を得られる可能性のあるビジネスです。

戦略的に情報発信をしない、一見さん御断りビジネスには下記のようなメリットがあります。

①誰でも購入できる商材ではないのでプレミア感・希少性が出る

②紹介(口コミ)営業がメインなので低価格帯でのサービス提供を求める顧客が寄り付かない

③一定金額以上の料金を支払う顧客のみサービス提供をするので客質が劇的に上がる

④意味のないサービス営業に付き合わされる回数が激減する(無料での質問対応など)

⑤自社にとって理想の顧客のみにサービス提供できるので、同じように自社とマッチする顧客が寄ってきやすくなる

※類は友を呼ぶ

逆にデメリットとしては、言うまでもありませんが顧客獲得の間口を絞ることになる訳ですので、新規顧客獲得の機会は減るでしょう。

ただ、前回のブログに書いたような専門職やbar等酒類の提供を主とする飲食店・不動産業などは、経験上きちんとしたクオリティの高い仕事をしていれば、必然的に顧客が増えていきます。

また、この手の一見さん御断りビジネスは労働集約型産業である事が多いので、そもそも受けられるキャパシティが限られています。そうなると、直ぐに顧客は増えないかもしれませんが、客単価を上げないと結局収入はいつまで経っても上がらなくなるあるでしょう。

業種によっては非常に強い力を発揮します、戦略的に情報発信をしない一見さん御断りビジネスも検討に値します。

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 努力すれば売れるという思い込み
  2. 凡事徹底も立派な営業
  3. 事業展開はある程度柔軟に決める
  4. 営業方法は積み上がるものを
  5. 弁護士が金融機関とパイプを作るメリット
  6. 地元密着型の経営戦略
  7. 発揮力を身に着ける
  8. 感情は意外と忘れがち

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP