ブログ

手元資金を充実させたい場合に借入は可能なの

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、手元資金を充実させたい場合の借入についてお伝えします。

銀行融資には大きく2種類あり、運転資金と設備資金があります。

運転資金は資金回収や在庫販売までのつなぎ資金として活用したり、十分な利益が上げられるようになるまでの固定費の支払いを賄ってくれます。設備資金は、その名の通りですが機械や不動産などの設備を購入資金を賄う融資です。

資金が底を尽きてしまっては会社が倒産してしまいますので、手元に置いておく資金は潤沢にある事が望ましく、目安としては月商の3ヶ月分程度の資金があれば余裕を持った経営ができるようになるでしょう。

ところで、在庫の販売・売掛金の入金までのタイムラグや、固定費の支払いに充てるためだけでなく、

手元資金を充実させるために運転資金を借りることはできないのでしょうか?

概ね銀行は、月商の1~1.5ヶ月分の手許現金を確保する目的であれば前向きに運転資金として融資を出してくれます。

月商の1ヶ月分程度であれば、毎月の固定費の支払いで必要になるので、運転資金の一環としてみなしてくれるようです。

また、日本政策金融公庫と違い、民間の銀行はその時の営業方針や支店の行員(支店長・融資担当役席・担当者など)の考え方によって、融資の判断・姿勢がコロコロ変わります。業績がそこそこいい状況だと、取引先企業に資金が潤沢にあって新規の融資する必要がない状況でも、自行の融資ノルマを達成するために「金利を安くしますから〇〇百万円借りてください!」と、お願いに来ることもあります。

「手元資金として置いておく=資金使途が不明確である」という事が分かっていても、銀行の状況や都合によっては融資を出してくれるのです。もっと言うと、融資した資金がそのまま取引先企業の口座の中に入っていると「融資した資金が有効活用されていない」と、マイナス評価されてしまう事もあるようで、融資した資金を一度他の口座へ移すように依頼してくることもあります。

もし、多めに借入をして手元資金を増やしておきたいのであれば、固めの資金繰り予定表を作成して、月商の2・3ヶ月分の手許現金がないと安心して経営できない旨をアピールすると良いでしょう。潤沢な手元資金は余裕を生み、経営を良い方向に導いてくれますので。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 創業融資サポート後の対応は
  2. 2回目のコロナ融資を受けたい
  3. 経営者保証を外すサポートをするには
  4. 経営者保証を取らない方針の金融機関なのか見抜くための質問
  5. 先日銀行からお聞きしたこと
  6. 公庫の無利息融資は延長されるのか
  7. 顧問税理士等に銀行訪問の同席をしてもらえるのか
  8. メインバンクが融資をしてくれなくなった場合の対策②

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP