ブログ

材料在庫は多めに

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、材料在庫の管理についてお伝えします。

有名な経営者の言葉で、在庫は罪の庫だ!というものがありますが、私もこれにはおおむね同意です。

在庫になっているという事はそれだけ資金が眠っているわけで、多少割高になっても必要な時に必要な分だけ仕入をする事(それが可能であれば)によって、手元にお金が残りやすくなっていきます。

ただ、在庫と言ってもいくつかの種類があります。大きく分けて「材料在庫・仕掛在庫・製品在庫」です。

後者2つの仕掛在庫と製品在庫は、少なめに抑えるジャストインタイムのような扱いをする事が理想でしょう。

素材が製品に変わってしまったあとでは、他の用途に使えなくなってしまいます。商品が陳腐化してしまえば、途端に不良在庫の仲間入りです。アパレルメーカーなどをイメージしてみましょう、数百万円投資して縫い上げたアパレル製品の在庫が、季節遅れになるとバーゲンセールで安く売られたりバッタ屋にたたき売りをされています。この時点で、アパレル製品を作った原価すら回収できなくなるかもしれません。

仕掛在庫はメーカーの場合だと出てしまうのは仕方ない事なのかもしれませんが、削減する努力は必要です。

如何に製品製造のラインがスムーズに動くように工夫するか、作業員が製造以外の無駄な時間を使っていないのか。定期的に製造MTGを開いたり、日報を提出してもらう事などで生産性を上げていきましょう。

ポイントは、決算時などの一時点の仕掛だけを減らすのではなく、1年間の仕掛在庫の総量を減少させることです。

さて、上記2つの在庫とは別に材料在庫がありますが、この材料在庫は素材によっては多めに持っても良いかと思います。

具体的にどんな素材であれば多めに持って良いのかというと、貴金属などの換金性が高く、品質が劣化しない素材です。

まず、素材は値動きが激しい場合があるので、比較的価格が安いと思われる時期に買い付けておくと原価が抑えられます。また、素材によっては直ぐに購入できないこともあるので、急は注文などを取りこぼさないために多めに材料在庫を備えておくと良いでしょう。

他に、劣化しない素材である事も重要かと思います。例えば、金・プラチナなどは錆びないですし品質も劣化しないので長期間安全に保管することができます。更に、市場価値も高く流動性も高いので、いざ資金が必要になった時に換金することができます。つまり、不良在庫となる危険が少ないのです。

在庫の性質を見極めながら、適正在庫を抱えていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 価格を一定水準以上に
  2. 商品が生み出す3種類の利益とは
  3. 私の会社ってもう用済みですか?①
  4. 流動比率・当座比率が高い会社っていい会社なの?
  5. 固定費の削減は戦略的に
  6. 会社のキャッシュの使い方
  7. 出張費の削減方法
  8. 中小企業のための収支改善の勘所

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP