ブログ

物件購入前に謄本をチェック

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、不動産購入前に謄本をチェックするポイントについてお伝えします。

自宅や収益物件等の不動産の購入を検討する際に、不動産の謄本を取りよせることができます。事前に謄本を確認し、購入価値の不動産なのか見極めていきましょう。

1、昔の登記地目は何か

現在は不動産が建っているので宅地なのでしょうが、昔の地目はなんでしたか?昔の地目が山林であれば、昔から陸地であり地盤が固い可能性があります。その一方で、昔は田畑であった場合には、地盤が軟弱な可能性がありますので要注意です。

また、登記の他に地名などでも、地盤の強弱度を想定する事ができますので、合わせて確認しましょう(一般的には台・山・丘のつく地名などは安心と言われています)。

2、どの銀行からどのくらいの担保評価額が出ているのか

特に収益物件ではリセール価格にダイレクトに影響する項目なので要注意です。都市銀行・オリックス・ソニー銀行等の不動産融資を取り扱っている代表的な金融機関から融資を受けられており、かつ、評価額も高ければ安心です。

中古住宅を購入する場合は、その住宅が当初はどれくらいのバリューで販売されていたのかを検証する事も可能です。

3、忌み地になっていないか

前の所有者が破産等をして、複数回競売で売却されている土地は、持つと不幸になる縁起の良くない土地として敬遠される可能性があります。確かに、ただの風評ですが、資産価値にプラスに影響する事はほぼ無いでしょう。

4、登記未済になっていないか

売主と所有者が一致しているか確認しましょう、一致しない場合は、不動産売却を装った詐欺の可能性があります(中間省略登記をしようと試みている可能性もあり)。

5、売り主が土地を所有権として所有しているか

所有権でなく借地権の場合は、地主が別におり、売り主は単に土地を借りているだけです。

従って、そもそも契約が適正に行われて権利が守られているのか・地代を払っているのか・不動産売買に関して承諾料を請求される危険はないのか等々、検討しなければマズい論点が目白押しになります。

また、建物が荒廃した際に立ち退きを要求されたり、自宅を住宅ローン完済後に転貸しようとする場合や大規模リフォームを行う際に、承諾料を請求されトラブルになるリスクもあります。

6、その他内容不明の抵当権等は登記されていないか

売主の住宅ローン又は投資用マンションローンではない、内容不明の抵当権等は登記されていませんか。もし、その抵当権が今も生きていたら、将来的に不動産が競売にかけられる等のトラブルに見舞われる可能性があります。

謄本一つをとっても、ざっと挙げただけでこれだけの論点があります。不動産購入は、利害関係のないコンサルタントも交えて検討していきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 自宅は賃貸と持ち家どちらを選ぶ?②
  2. 物件を短期で売却する場合は確定申告書をこう作る
  3. サラリーマン大家さんが起業1年目に気を付けること
  4. FIREの二つの形
  5. リスケ中の融資の実際の所
  6. 本当に賃貸物件を買うと相続税下がるのか
  7. キャッシュレスの効果
  8. 企業型DCの活用

最近の記事

PAGE TOP