ブログ

起業家の熱意はどのように分かるのか

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、起業家に熱意があるのかを「銀行・コンサルタント・税理士」はどのように判断しているのかお伝えします。

最近また起業が盛んになってきました。

例えば、板橋区が毎月開催してる創業塾の参加状況を見ていると、毎回満員になって増席しているようです。

起業家の方は熱い思いを持った方が多く、一緒に仕事をしているこちらもたくさんのエネルギーを分けてもらえます。

ただし、、、情熱を持って独立した起業家がたくさんいる一方で、

軽い気持ちで起業する・独立すると言っている方が一部いるのも事実です。

コンサルタント・税理士の目線ですと、概ね下記のような事実から起業に対する熱意が分かります。

①やりたい事及びビジネスモデルが概ね決まっている。また、起業したい動機がしっかりしている。

②行動が早い。行動が早いので次々いろいろなことにチャレンジし、疑問がたくさん沸くので質問も多い。

③分からない事や知らない事から逃げない。必死に理解・吸収しようとする。

④事業目的を書くことができる

 ※①~③は顧問開始までのヒアリングと、1~2ヶ月の関与をしていればすぐにわかります。

④は意外と重要です。別に登記できるような、堅苦しい文言を書ける必要はありません。

本気度が低い方は、「会社の目的を簡単な言葉で箇条書きで列挙できること」すらできないケースが多いのです。

次に、銀行は下記のような基準で判断をします。

①創業計画書を自分の言葉で説明できるのか。

②自己資金はしっかり貯めているのか。

創業計画書を外注して作ってもらえば、小綺麗な形式の整った計画書は出来上がります。

ただし、創業者が一般的に利用する、公庫や信用保証協会付きの融資には面接・面談があります。

その面接等で、創業計画書を自分の言葉で説明できないと、非常に印象は悪くなります。

創業計画書の作成を丸投げして、創業者本人が中身を理解していないことがバレてしまうからです。

また、自己資金をしっかり貯めていれば思い付きの起業ではなく、

きちんと準備して起業したのだと分かってもらえるので、好印象になります。

①②ともに、銀行の立場になってみれば分かります。

起業は焦る必要はありません。

きちんと将来のビジョンを明確にして、人脈形成・情報収集を怠らず、ビジネスと心の準備が整ってからスタートしましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 起業する人、増えてますね
  2. 勢いで会社辞めると言っちゃったどうしよう‥
  3. 起業家はBtoCよりもBtoBへの転換を③
  4. 大手で勤務することの留意点
  5. 個人で収益物件を持っている場合の創業融資の留意点
  6. 開業当初からプロパー融資を受けられる可能性
  7. 口座開設は急ぐこと
  8. 法人口座開設時の必要書類

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP