ブログ

飲食店で開業する場合の創業融資のポイント

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、飲食店で開業する場合の創業融資のポイントについてお伝えします。

飲食店で開業を検討されている方は比較的多いと思います。今も昔も人気の業種で、競争は厳しいですが自分のお店を持って人々に評価され、雑誌やテレビで取り上げられた時の喜びは格別です。

飲食店で開業する際には、基本的に初期投資が掛かります。設備や採用コスト、広告費などでまとまった資金が必要になってきます。この資金を貯金だけで賄える方は少ないので、融資を利用して開業するのが一般的です。

飲食店で創業融資を利用する際に、留意する点を見ていきましょう。

1、自己資金要件が厳しい

失礼かもしれませんが、飲食店は非常に廃業率の高い業種です。理由は簡単です、成功しやすいビジネスの4条件と照らし合わせてみればいかに厳しいビジネスモデルであるのかが分かるでしょう。

(成功しやすいビジネスの4条件)

①初期投資が少ない→初期投資は多い

②利幅が高い→利幅は高くない、概ね粗利益の50~60%

③リピートがある→場合によってはある

④在庫を抱えない→在庫を抱える

なので、飲食店を開業する場合には創業融資の3割程度は自己資金を求められるケースが多いです。2割以下では少ないと言われるケースが出てくるでしょう。経験やノウハウ・立地などによっても変わってくるでしょうが。

飲食店は開業資金が嵩みやすいので融資希望額も多額になりがちです。その多額の融資希望額の3割と言ったら、だいぶまとまった資金が必要になるかもしれません。また、飲食店は比較的勤め人の給料が安いケースも多く、修行しながら貯金をするのも大変です。

2、設備を揃えないと融資を申し込めない

民間の銀行へ融資を申し込む際には、創業者の場合だと信用保証協会の保証をしてもらったうえで融資を受けるのが一般的です。ただし、信用保証協会は事業遂行に必要な許認可を取得した後でなければ融資の審査を受けてくれません。

飲食店の場合は設備が揃えられなければ、保健所の営業許可をもらえない可能性があります。→お金がなければ設備を揃えることなんてできません。手許現金では全然足りないので融資を申し込もうとします。→そのお金を融資で調達するときは営業許可が必要・・

と、飲食店で開業する方は困ってしまうわけですね。

そこで、日本政策金融公庫は許認可の取得前であっても取得見込があれば創業融資を受けられるのです。日本政策金融公庫で設備資金の融資を進めつつ、保証協会でも事前審査を依頼しておきましょう。

3、日本政策金融公庫の創業融資支店決済枠は1,000万円まで

飲食店で開業するケースは、造作など設備投資資金が嵩んで融資希望額が1,000万円を超えてしまう場合もあると思います。ところが、日本政策公庫の創業融資では支店決済枠が1,000万円までしかありません。

なので、1,000万円以上の創業融資は基本的に受け付けてくれません。1,000万円以上融資を受ける場合は、民間金融機関との協調融資を検討することが多くなります。一応、経営力強化資金など、創業で2,000万円まで融資が受けられる制度もあるのですが、最近の公庫は1,000万円を超える融資に消極的なようです。

4、保証協会の事前審査を活用する

創業融資を使用して飲食店の開業を考えているケースは特に役に立つでしょう

事前審査は営業許可を取得したと仮定して審査してくれますので、事前に日本政策金融公庫からの創業融資できちんと設備を揃えれば、民間の金融機関も創業融資を出してくれるのか概ね分かるのです。

創業融資の計画をしっかりと立てて、アフターコロナの飲食店開業を目指していきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 新しい起業の仕方
  2. 起業家の味方!出し入れ自由のカードローン
  3. 取締役の任期は何年にすればいいのか
  4. 不景気の時こそ起業のチャンスあり
  5. まだ1週間あります
  6. 直接使える投資から始める
  7. スモールビジネスにおける営業戦略とは
  8. アフターコロナに向けた独立準備②

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP