ブログ

「協業」という名の「営業」に注意

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、迷惑な営業の回避方法についてお伝えします。
異業種交流会・セミナー・各種集まりの懇親会等(以下、交流会)で名刺を交換すると、だいたいこのような人に遭遇します。それは、「御社と協業できるかもしれませんので、改めて話をさせて頂けませんか?」といって、近づいてくる方です。


こういった言動をする方には、大まかに3種類の人がいて、「本当に双方のために協業したい人」か「自分の商品やサービスを買わせたい。又は、自分の商品やサービスを購入してくれる客を紹介してほしい人」か「他人を利用して自分の利益を上げようとする詐欺師みたいな人。又は詐欺師」のいずれかです。この中で、「他人を利用して自分の利益を上げようとする詐欺師みたいな人。又は詐欺師」に遭遇するのは、ビジネス関係の交流会であればレアケースですが、MLM関係・投資関係・不動産関係・ネットビジネス関係では珍しくありません。


大半の交流会は、「本当に双方のために協業したい人」か「自分の商品やサービスを買わせたい。又は、自分の商品やサービスを購入してくれる客を紹介してほしい人」で構成されており、私が過去に参加した交流会だと6:4くらいの比率だったと思います。つまり、交流会で知り合った人10人と時間を作ってお会いしても、有意義な時間になるのは60%(6人)だけであり、残りの40%のアポイントは時間の無駄になってしまいます。


さて、「協業したい」と同じセリフを言う人の中で、どのように「本当に双方のために協業したい人」を見極めていけばよいのでしょうか?絶対的な答えはありませんが、近道は次のようなことを実行していく事です。
①双方のビジネス上のメリットを明確にしてからアポイントを入れる

アポイントの前に、双方のビジネス上のメリットなどを具体的かつ明確に、ライン・メールなどでやり取りをする。その際に「とりあえずご挨拶で~」や「一度会ってお話をさせて頂いてから~」みたいな事までしか話が進まないのであれば、自分の営業をすることが目的の可能性が高いです。


②ワンランク上の交流会に参加する

参加費3,000円の交流会などではなく、参加費数万円~数十万円の交流会はやはり参加者の質が違います。高度なノウハウを学べる、高額の講座を受講する事は、良質の人脈を構築できるメリットもあるのです。


③ビジネスで成功している人から紹介してもらう

個人的にはこれが一番おススメです。成功者の周りには成功者が集まってきます。ビジネスで結果を出しており、人間性の高い方からの紹介であれば、良質の人脈を構築できる事でしょう。ポイントは、単にビジネスで成功を納めているだけではなく、人間的に好きになれる人から紹介を依頼する事です。


協業したいと言うからせっかく時間を割いてアポイントを取ったのに、いざ会ってみたら一方的に営業されるケースは珍しくありません。最初は何回か引っかかってしまうかもしれませんが、徐々に見極め方・かわし方をマスターしていきましょう。 

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 提供する商材は2つ以上あってもいいのか
  2. 営業には行動力とメンタルが重要
  3. 人を紹介するときに一言確認を!
  4. 商品ラインナップは多い方がいい?①
  5. 紹介しやすい経営者・紹介しにくい経営者
  6. 法人リストはどのように収集するのか
  7. 努力すれば売れるという思い込み
  8. 営業すべきターゲットとは

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP