ブログ

バンクフォーメーションの組み方

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、バンクフォーメーションの組み方についてお伝えします。

金融機関と取引をする際には、複数行取引をしておくことが無難です。金融機関ごとに融資に対する姿勢は異なりますし、実際のところ担当者も熱心な方とそうでない方もいらっしゃれば、能力にも差があります。支店長が変われば、他の会社になったのかと思ってしまうくらい、融資姿勢が変わってくることもあります。

どれでは具体的に、どのように複数行取引を進めて行けばよいのでしょうか。

1、第二地銀又は信金複数行と公庫 

 我々、中小零細企業の味方は、地場に根を張って経営している信用金庫・信用組合・第二地銀です。これらの金融機関は、地元の企業及び市民と運命共同体の関係であり、顧客との長きに渡る信頼関係を大切にしています。また、一定以上の規模の大きな企業とは原則的に取引しません。

次に、政府系金融機関である日本政策金融公庫は、税金を使って創業間もない企業や、小規模な企業及び個人事業主にも積極的な資金供給を行っています。ただし、融資を出すことを専門とする金融機関ですので、一般的な銀行のように預金口座を開設することはできません。民業圧迫を避けるため、メインバンクになりたがらないという特徴もあります。

上記理由から、メインバンクとして信用金庫・信用組合・第二地銀のいずれか一行と、サブバンクの位置付けになる金融機関を一行、取引してみましょう。加えて、日本政策金融公庫とも取引を開始(融資を受ける事)しておきましょう。

2、メインバンクは保全なしの融資を引けるように

 業績悪化時には、全取引金融機関をまとめてネゴシエーションしてくれる、メインバンクの存在が重要になってきます。

ここで、メインバンクは取引企業と同じ危機感を共有して頂き、真摯にメインバンクとしての責任を果たして頂くため、「保全の無い債権の割合を一定以上に保つ」ように工夫していきましょう。要するに、「貴社が倒産したらメインバンクが大損をする」状況を作り出すという事です。

保全とは、銀行が融資した金額が回収できなかった場合に、担保や保証協会が損失補填してくれる金額の事です。担保を取っておらず、保証協会の保証もないプロパー融資が増えれば、保全割合が減少していきます。逆に、創業融資やコロナ融資等の、保証協会が100%保証している融資の割合が増えるほど保全割合が増加していきます。

金融機関の立場や特徴を理解しながら、双方にとってメリットのある取引を進めて行きましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 信用保証協会と付き合うのも実績が大事
  2. 日本政策金融公庫から融資を受けにくい業種はなに?
  3. 借入をした後はどうすればいいの?
  4. 保証協会付き融資でも連帯保証を外せるのか
  5. 制度融資はそろそろ申し込む
  6. 公的な支払いを怠るとどうなるのか・・
  7. 公庫で担当者の対応がイマイチな時は
  8. 公庫のコロナ融資はいつまで使えるのか②

最近の記事

PAGE TOP