ブログ

リスケ中の融資の実際の所

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、リスケをしている最中の資金調達について実際の話をお伝えします。

借入金の返済金額を減額してもらったり、返済をストップさせてもらうリスケジュールですが、このリスケ中は新規の資金調達を行うのが難しくなるというのが一般認識かと思います。

しかし、最近は金融庁が条件変更中であっても正常運転資金に見合う運転資金であれば、融資を行っても良いのではないかと見解を出しています。また、経営改善計画を策定し、債務超過解消5年以内・債務償還年数10年以内等の見込を盛り込むと、信用格付けを上方修正する等の指針も出していました(金融検査マニュアル)。

こういった情報が拡散されている影響なのか、リスケ中でも新規の資金調達が可能なのではないか?と考える方がいらっしゃるようです。実際の所はどうなのでしょうか?

あくまで、筆者自身の経験の範囲内ではありますが、現実的にはリスケ中である限り新規の融資は難しいのが現状です(担保を提供する場合を除く)。確かに、金融庁が発破をかけて、指針や見解を提示しているのは分かります。

しかし、現実問題は保証協会がリスケ中である限り新規融資に頑なに応じませんし、手形貸付等の正常運転資金に関しても、担保(預金または不動産)・保証協会の保証無しでは応じません。

現実的には、無理にリスケを解消せずに、仮に正常返済していたら返済していたであろうキャッシュを定期積立として毎月積み立てて資金繰りを慣らしていき、正常返済が可能である状態に移行していく事ではないでしょうか。その場合においても、正常返済に戻した後も一年程度は保証協会が新規融資の保証を認めない場合が多いようです。

リスケ中は新規の資金調達が難しい状況なので、社会保険等の公租公課も無理に全額納税せずに、分納してくことも検討していきましょう。

リスケの安易な利用は危険です。可能な限り、リスケ前に借換え・追加融資等で対応できるように努力していきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 居住期間で分かる事
  2. 倒産防止共済の留意点
  3. 住宅ローンのペアローンは使えるのか
  4. 築古物件の運用ポイント
  5. 自宅は賃貸と持ち家どちらを選ぶ?②
  6. 物件購入前に謄本をチェック
  7. 収支がマイナスだと絶対に相続税は下がるのか
  8. 企業型DCの活用

最近の記事

PAGE TOP