ブログ

会社の生命保険は誰からどのように入ればいいの

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は法人保険の加入方法についてお伝えします。今回取り上げるのは、損害保険ではなく生命保険です。

生命保険を販売している業社は多種多様です。

本業として販売している保険会社の営業マン・FPや、本業とは別に保険を扱っている銀行・会計事務所など様々です。

業績が良い会社ほど色々な業者が営業に来て、どこから入ればよいのか迷ってしまうことでしょう。

どの組織・個人から保険に加入する場合でも、重要なのは「本当に貴社のことを考えて保険加入を勧めているのか」という点です。具体的には、貴社に合った、事業保障となる保険を提案してくれることが大切です。

貴社のことを考えて保険加入を提案してくれているのであれば、まず貴社に必要な事業保障額を算定して、その必要保障額を賄うための保険を提案してくれます。保険の本質は節税でもなければ、資産運用でもありません。経営者・従業員・家族その他の利害関係者の「事業保障」です。

必要保障額は、次のような大枠の決めてから算定していくと効率的です。

詳細な必要保障額は、大枠の金額をベースに予算・財務状況等を勘案して詰めていきます。

①負債を完済できる金額  1億円

②固定費半年分を支払える金額 月額500万円×6=3,000万円

③役員退職金を支給できる金額 5,000万円

④保険金に対して課税される法人税 ①×35%=3,500万円

⑤必要保障額 ①~④の合計 2億1500万円

このように、簡易的な必要保障額すらも算出しないで、いきなり「自社の新商品・おススメの商品」などを勧めてくる業者や、事業保障の話をすっ飛ばして、「節税になる・経費を増やせる」等と紹介してくる業者は注意が必要かもしれません。

なぜならば、紹介してくる保険は「貴社に必要な保険」なのではなく、「業者が売りたい保険」である可能性が高いからです。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 利益を上げる5つの要素
  2. 資金繰り改善の盲点①
  3. 月次決算はお早めに
  4. 人生の何%を通勤時間に使いますか?
  5. 店舗の購入という選択
  6. アドバイスを求める際の留意点
  7. 戦略的に縮んでいく戦略
  8. 今後求められていく経理人材とは

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP