ブログ

保険の加入は健康なうちに

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、保険加入の時期についてお伝えします。

日本人は生命保険が大好きで、多くの人が生命保険に加入しています。

会社経営をしている場合には、保険屋さんや税理士等から保険の提案を受けることも多い事でしょう。

経営者が加入する生命保険には大きく2つのタイプがあります。

1つ目は、事業と生活の保障です。

世帯主に万が一の事があった場合に、奥様とお子様のその後の生活を保障したり、社員の生活を守ってくれます。

保険の本質的な意味は事業と生活の保障をすることでしょう。死亡時だけではなく、就業不能時に所得を保障してくれる保険もあります。

2つ目は、退職金や老後資金の準備です。

積立型の保険を払い続けることで、保険会社が保険料を運用してくれるので、

銀行口座に貯金するよりも多くの財産を得ることができます。

年々運用状況や税務メリットが低くなっている傾向にあり、小規模共済や倒産防止共済・不動産や株での運用など、他の積立・運用手段もあるので、比較しながら検討するのが無難です。

これら2種類の保険では、加入を検討するタイミングも異なります。

1つ目の保障として必要な保険は、社長や稼ぎ頭である世帯主が心身ともに健康であり、金銭的にギリギリにならないのであれば早めに加入しましょう。もたもたしていると、「糖尿病になってしまった!」「肺に影がある!」など、健康を害してしまうかもしれません。

弊社は生命保険の代理店ではないので、生命保険の勧誘をしているわけではありませんが、実際に保険の加入を検討していた矢先に健康を害してしまった!というケースは珍しくありません。保障を得るための保険であれば、掛捨て契約で事が足りると思いますので、それほど保険料が高額になることもありません。

また、子供の成長や借入金の残債が減るにつれて、保障金額が下がる仕組みにしておけば保険料を効率的に減額できるでしょう(逓減定期保険)。上記の記載内容はすべて一般的なお話ですので、事業と生活の保障が確保できていないのであれば、お早めに保険屋さんや顧問税理士と話をしてみましょう。

2つ目の退職金・老後資金の準備となる保険は、ある程度経営状況が落ち着いてから加入しても遅くはありません。

ただし、ご自身の年齢が上がってしまうと保険料が高くなってしまう点と、いつまでも健康でいられるとは限らない点は留意しておきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 役員報酬を引き下げる場合の留意点
  2. 非正規雇用でも人件費が減らない理由
  3. 現金残高に要注意
  4. 多角化経営の誘惑に注意
  5. メンターを見つけましょう
  6. 良いキーマンの見つけ方
  7. 流動比率・当座比率が高い会社っていい会社なの?
  8. 経営者のやるべき仕事とは?

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP