ブログ

売上のポートフォリオはどうなっている?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、売上のポートフォリオを組むことについてお伝えします。

自社の売上はどのような、どのように構成されていますか?

顧客別・事業別・サービスないしは商品別・エリア別に分析してみましょう。

まず、売上の構成比を考えていくうえで重要なのは、そのビジネスだけで会社が成り立つほどの売上を立てることです。

中途半端な売上しか上がらないビジネスをたくさん揃えていても、稼ぐ力は非常に弱いです。結局は、自社に決定的な強みがないからです。

次に、柱となるビジネスが1本~複数本立ち上がった後に確認しておきたいのは、「売上のポートフォリオ」です。

現在、自社で展開しているビジネスは未来永劫成り立つものなのでしょうか?

自社の提供している商品・サービスは将来的にも市場から評価され続けるものなのでしょうか?

売上が特定の属性の顧客に偏り過ぎてないでしょうか?

ビジネスとして挙げられるだけの柱が、複数のジャンル・複数のエリア・複数の属性の顧客に分散している方が、会社としての安定感が増します。理由は単純です、複数の稼げるビジネスを展開している方が、どれかのビジネスが傾いても他のビジネスで補完できるからです。

たとえば、人気の飲食店+不動産賃貸業を展開していれば、飲食店が今般の某ウイルス騒動で売上が激減しても、不動産賃貸業で収益を上げ続けることができます。

ITサービス+マーケティングコンサルなども面白いかもしれません。IT業界は非常にビジネスのサイクルが短いです、今売れていても本当にITサービスだけで今後もやっているけるのでしょうか?その一方、マーケティング戦略は手段こそ違えど、根本的な考え方は極端に変化しないと考えられます。JAブラハム氏のノウハウが、現在でも世界中で評価されていることなどからも垣間見ることができます。

両方で稼げた方が安心ですよね!

士業の先生方も、法人顧客だけに固めるよりも、大家さん・富裕層など、属性の違う顧客を獲得していけると、売上の安定感はUPします。

短期的にはまず稼げるビジネスを作ることが大切です。ただし、経営者は今年だけではなく5年後10年後と、将来の事を考えながらビジネスをする必要があります。

ある程度稼げるようになってきたら、次は売上のポートフォリオにも気を使っていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. ミニPマークを活用しよう
  2. 多動力と中途半端の違い
  3. 独立初期の仕事と成熟期以降の仕事
  4. 異業種交流会に参加する際の注意点
  5. 努力すれば売れるという思い込み
  6. 専門性を発揮した営業をする際のポイント①
  7. 富裕層を対象にビジネスをする際の留意点
  8. 断られるのが怖いとき①

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP