ブログ

建設業で役立つホームページの作成方法

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、建設業で役立つホームページ(HP)の作成方法についてお伝えします。

建設業でホームページの作成をしている会社は少ないと感じます。

建設工事は一般個人から直接施工する会社に発注が来ることは少ないと思いますし、必要性が低いのでホームページの作成をしていないケースが多いのだと思います。

建設業の場合は、仕事の受注の多くはハウスメーカー・不動産会社・デベロッパー・元請の建設会社等からの継続的な工事の発注です。そんな建設業でも、ホームページを作成するメリットはあるのでしょうか。

メリット① 採用に役立てる

建設業にとっては貴重な、高等学校を卒業見込みの新卒者又は高校を中退して職人の世界に飛び込む若くて体力のある人材を採用するために、自社及び建設業界の魅力をHPでアピールします。

終身雇用制度の神話が崩れ去った今、手に職を付けて生計を立てていくことができる仕事の魅力が増しています。郵便局や銀行など、一昔前であれば安定した職業の最たるものであった業種でも、現在では当たり前のようにリストラが行われています。特定の会社組織の中でしか潰しの効かない人材は、ますます人材マーケットでの市場価値がなくなっていきます。

建設業はキツイし厳しいですが、昔ほどブラックではありません。社会保険にきちんと加入しておかなければ現場に入れてすらもらえないケースも増えてきましたし、労務管理など使用者責任も厳しく問われてくる時代になってきました。昔は週一日の休みしかないのが当たり前であったとしても、最近では普通の会社のように週2回以上休める会社も増えてきました。

自社と建設業界の魅力を若い人材に伝えて、一緒に仕事をする仲間を獲得していきましょう。

メリット② 工事の受注に役立てる

自社で施工した様々な工事の施工事例を、写真付きでHPに掲載していきます。

以外と官公庁の人も建設会社のHPを見ていることがあり、施工事例が掲載されていることによって公共工事の受注に役立つこともあるようです。

また、新しく工事を発注してくれる拠点を開拓する際にも、言葉で色々と説明するよりも写真付きの施工事例集でビジュアルに訴えかけた方が話が早いでしょう。自社の技術力をアピールするうえで、説得力も増すと思います。

HPの魅力は、社長や社員が現場で仕事をしているときも絶えず営業活動を続けてくれることです。

現場仕事と営業活動を両立することは簡単でないと思います、接待のやりすぎで体を壊してしまうのも問題です。

建設業でもHPを活用して、人材採用・工事案件受注に役立てていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 経営者のコミュニティーはいくつ参加すればいいの
  2. 多様なサービスがある人ほど自分からPRを
  3. 時間泥棒に注意
  4. 事業展開はある程度柔軟に決める
  5. 価格を上げると出てくる効果
  6. 近い人脈ほど盲点
  7. 自社製品の販売方法
  8. 所属するコミュニティーの重要性

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP