ブログ

板橋区独自のコロナ融資

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、板橋区独自のコロナ融資についてお伝えします。

東京都板橋区は、区独自のコロナ融資を継続的に行っています。

民間金融機関のコロナ融資は終わってしまいましたが、板橋区では引き続き無利息・無保証料の00融資を受けられます。

特徴

①無利息の機関は3年ではなく4年

②返済期間の上限は8年

③1階のみ利用可能で、融資限度額は1,000

ご利用いただける方

以下のすべての要件を満たすことが必要です。

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上減少などの業況悪化をきたしている、または悪化が見込まれ資金繰りが必要であること(注1)
  2. 法人の場合、本店登記および活動実態が区内にあること
  3. 個人事業主の場合、確定申告上の主たる売上のある事業所が区内にあること(注2)
  4. 1年以上同一事業を営んでいること
  5. 申込みをする日までに納期が到来した区税(住民税、軽自動車税)もしくは法人都民税を完納していること
  6. 東京信用保証協会の保証対象業種を営んでいること
  7. 許認可などの必要な業種については、その許認可などを受けていること
  8. 資金の使途が適切であり、かつ、返済能力があること

(注1)売り上げの減少率などの程度は問いません。お申込み時点で売り上げが減少していなくてもご利用いただけます。

(注2)青色申告の方は「青色申告決算書」、白色申告の方は「収支内訳書」の「事業所住所欄」に板橋区内の住所が記載されていることが必要です。

融資の条件

融資限度額1,000万円*1企業1回限り
資金使途運転資金・設備資金(併用可) 東京信用保証協会の保証付きの既存融資の借換え可 *区制度だけでなく、都制度等の借換えも可
融資期間8年以内(うち据置期間2年以内含む)
貸付利率長期プライムレート+0.2%以内*責任共有対象外の場合は長期プライムレート以内
利子補給上記貸付利率の10割を4年目まで補給
信用保証東京信用保証協会の保証が必要*保証を付ける際に発生した信用保証料は区が全額補助します

【出典】

【令和3年4月1日受付開始!】経営安定化特別融資|板橋区公式ホームページ (city.itabashi.tokyo.jp)

区独自のコロナ融資を活用して、資金繰りを安定させていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 実質無利子・無担保融資の要件が緩和されます
  2. 金利の相見積りの注意点
  3. 自動車をローンで買うときはどうする?
  4. 融資が断られる理由とは何か
  5. 多重債務の怖さ
  6. 多めに融資を受けてはいけない経営者の特徴
  7. 制度融資はそろそろ申し込む
  8. 返済計画は個人法人とセットで

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP