ブログ

決算書の意味するもの

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

決算書の意味するものについてお伝えします。

法人であれば、どの会社でも1年に1回は決算書を作成します。個人事業主の方であっても、意識の高い方は複式簿記などを活用して、決算書を作成していると思います。

この決算書を作成する理由は、税務申告のため、銀行融資や補助金の支給を受けるためという理由が多いかと思いますが、実のところ決算書には様々な情報が詰め込まれています。余りにも身近なので見過ごされがちですが、今一度決算書の数字が意味することについて見つめ直してみましょう。

1、決算書は業績を判断するための道具である(社長の通信簿)

決算書は第一義的に、会社の業績を判断するための道具です。

今年いくら利益が出たのか、その結果いくらお金が残っているのか。こういった会社の業績に関する情報を可視化したものが決算書です。

1年間正確な経理を積み重ねることによって、はじめて正しい企業の業績を把握することができます。

2、決算書には会社の数字の定量的な部分が網羅されている

決算書には会社の現金・借入金・資本金など会社の持ち物や、売上・原価・経費など会社の収支が網羅されています。

最近では、会社の資金繰りを分析した書類(キャッシュフロー計算書)も作成されており、より経営判断に役立つ情報を提供してくれています。

会社の今後の方針を決めるにも、戦略的に投資を行っていくにしても、まずは現状分析をするところから始めます。正確な決算書を早期に作成することができれば、より間違えのない経営判断をすることができるでしょう。後は、決算書の数字を経営判断に役立てる方法を習得するだけです。

3、決算書の数字によって約3年間社会的評価を受ける

決算書の数字によって、社会からの評価が変わります。黒字決算を繰り返している優良企業なのか、まだ十分な売上が上がっておらず成長途上の企業なのか、はたまた赤字体質で借入金の返済をストップしている厳しい企業なのか。

社会的評価を受ける際にも、最も重要だと考えられるのが「銀行からの評価」です。日本は高度に発展した間接金融国家であり、資金調達は出資ではなく銀行からの融資が中心です。それ故に、銀行からの評価(財務格付け)の結果が芳しくないと、追加の融資が受けられなくなる危険性が増してきます。

4、決算書の数字によって約3年間社会からの扱いが変わる

決算書の数字によって社会的な評価を受けた結果、利害関係者からの扱いが変わります。

仮に赤字決算を続けてしまった場合には、公共工事など公的な仕事が受注できなかったり、大手企業と取引が継続できなくなる恐れもあります。決算書の内容が芳しくない場合に、最も怖い事は銀行から融資が受けられなくなる点です、理由は前述の通りです。

決算書は貴社の経営に重要な影響を与えるものです。決算書が社長の意図していない形で組み上がっている可能性もございます。

銀行格付けや、取引先等からの評価を意識した、決算書を作成していきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 価格を一定水準以上に
  2. 埋蔵金は業界の常識の中に埋まっている
  3. 粗利益率が高い商品の潜む罠
  4. 今後求められていく経理人材とは
  5. 売上総利益にはどのように着目するのか
  6. 非正規雇用でも人件費が減らない理由
  7. 単価を上げる戦略と原価を引き下げる戦略ではどちらが儲かるの?
  8. 今の時代に適した事業形態①

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP