ブログ

現金残高に要注意

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、貸借対照表の現金残高が多額になることによる問題点についてお話しします。

貸借対照表に存在しないはずの現金残高が、多額に計上されることがあります。

なぜそのような金額が増えるのかというと、会社の預金から個人的な支出を引き出したり、引き出した資金の使途をきちんと管理していないからです。

(例)会社の預金から100万円引出し→会社の経費60万+個人的支出30万+用途不明10万に使用→40万円の現金残高が増加

このような預金残高が多額にあると、どのような問題が起きるのでしょうか。

①融資が受けられなくなる

銀行から見ると、存在しない現金残高が多額にある会社は、融資した金額を借入をした用途(運転資金等)通りに使わない会社だと思われてしまいます。会社で融資を受けておいて、その融資を受けたお金で社長の個人的な趣味に使い込んでしまうのではないかと疑われます。

このようなケースで、融資を断られる決めセリフが「こんなに現金残高がるなら融資を受ける必要ありませんよね?」です。

②税務調査が来やすくなる

税務署から見ても、現金残高が多額にある会社は経理及び税理士がともにずさんな会計処理をしているのではないかと疑われます。実際に、その通りだと思います。

現金残高が増えないように気を付けながら普段の経理をしていきましょう。

特に、銀行や税務署へ提出する書類で現金残高が多い決算書は危険です。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 個人ビジネスで多角化経営をするためにはどうしたらいいの
  2. 役員報酬を引き下げる場合の留意点
  3. 相場観が決まっているビジネスの難点
  4. コロナショックや東日本大震災が起きても潰れなない会社ってどんなの…
  5. 意外と重要な中小企業の地域戦略
  6. その交際費本当に必要ですか?
  7. スモールビジネスにおけるランチェスター戦略
  8. 材料在庫は多めに
PAGE TOP