ブログ

経営改善計画書の策定ポイント

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、経営改善計画書の策定ポイントについてお伝えします。

銀行へリスケを依頼するときや業績の悪化時に新規融資を依頼するときに、経営改善計画書の提出を求められることがあります。

その経営改善計画書を作成するときはいくつか留意点があります。

経営改善計画書を効果的に策定し、リスケ等の金融支援を勝ち取りましょう。

ポイント①公平性・透明性を確保する

メインバンクから順に、取引金融機関すべてに経営改善計画書を報告します。

経営改善計画書の進捗状況についても定期的に報告(モニタリング)し、各行への借入金の弁済は全行が合意した返済割合で返済を進めていきます。

ポイント②金融支援策の提案を行う

具体的に経営改善計画書の作成をしたうえで先方に何をして欲しいのかハッキリ記載します。

リスケをして1年ごとに返済計画を見直してほしいのか、新規で○○万円融資をして欲しいのかなどです。

可能であればリスケは最終手段としたいものです。リスケ中は基本的に新規の融資が受けられなくなりますので、追加で借り入れをする事を優先的に進めていきましょう。

ポイント③出口戦略を考える

リスケなどの金融支援策を依頼した場合でも、出口を考えておきましょう。

例えば1年後に業績が回復して一括で条件変更の借入金を借り換えてもらう・正常返済に戻す等の方法がございます。

経営改善計画書に限らず仕事全般に言えることですが、出口から考えて仕事を始めるのがコツです。

ポイント④数字で語る

根性論や希望的な観測は不要です。また、言葉でのアクションプランだけでも不十分です。

数字をもとに具体的に何がいくら変わって、経営改善を達成できるのかはっきり示してください。合理的な計数計画のない経営改善計画書は信用されませんし、銀行だって稟議書を掛けません。

ポイント⑤債務超過解消は5年以内に解消・債務償還年数は10年以内に

債務超過は5年以内、債務償還年数は計画終了時において10年以内になるように計画を立てましょう。

これは、形式的なルールのようなものです。債務超過解消は5年以内に解消・債務償還年数は10年以内である事が、銀行を説得できる経営改善計画の要件になります。

ポイント⑥現状の問題抽出→原因分析→これまでに行った自助努力→解決策の提示という構成で

現時点で会社経営にどのような問題が生じているのか?その原因は何なのか?どの程度自助努力をしたのか?その問題をどのように解決しようと考えているのか?このような構成で計画を作りましょう。

読み手も理解しやすくなりますし、経営者の努力や問題意識も伝わりやすくなります。

経営者の自助努力として代表的なのは役員報酬の引き下げです。相手だけに痛みを負わせるのは社会人として無責任でしょう。責任は経営者にもありますので、誠意をもって経営改善に取り組みましょう。

経営改善計画書を効果的に策定し、リスケ等の金融支援を勝ち取りましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 経営者のやるべき仕事とは?
  2. 経費を減らすためには?
  3. 意外としぶといあのお店
  4. 手形の割引だけじゃなくて売掛金も割引したい
  5. 福利厚生制度を外注しよう
  6. しっかりした会社である必要性は
  7. 多角化経営の誘惑に注意
  8. メンターを見つけましょう

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP