ブログ

自己資本比率の高い会社は良い会社なの?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、自己資本比率の高い会社は良い会社と言えるのかお伝えします。

自己資本比率とは、総資産の中に占める自己資本の割合です。

具体的には、貸借対照表の「純資産の部÷資産の部」で計算することができます。

自己資本は内部留保とも呼ばれて、中小企業においては主に下記2つの項目の累計です。

①株主が会社に振り込んだ資本金

②過去の利益の累計である利益剰余金

この自己資本比率が高い会社こそが内部留保が厚く、潰れにくい会社と言われており、銀行の自己査定の評価も高くなります。

さて、実際のところどうなのでしょう?自己資本比率が高ければ潰れにくい会社と言えるのでしょうか?

答えは、自己資本(内部留保)が何に使われているのか?何に化けているのかによります。

つまり自己資本(内部留保)の質が重要なのです。

例えば、内部留保がキャッシュにとして貯蓄されているのであればよいのですが、「売掛金・在庫・不動産・保証金・その他有価証券」等に化けていると危険です。「売掛金・在庫」は現金になる前の仮の姿ですし、在庫に関しては定価で売れる保証すらありません。

不動産に関しても自社で使用しているのであればすぐに売却することはできないでしょうし、テナントに入居したときないしは元請と取引するときの保証金は、退去・取引終了するまで返還されません。取引先との関係上、取引先株式の一部を持ち合うその他有価証券は流動性もなく、取引先に買い取ってもらうまで勝手に手放すことはできません。

自己資本(内部留保)があっても、その内部留保が相当額「売掛金・在庫・不動産・保証金・その他有価証券」等に化けている状態では、自己資本比率が高くても安定した会社とは言えないのです。寧ろ、手元資金がカッツカツで、自転車操業をしているかもしれません。

中小企業は単に自己資本比率を上げることを目標にするのではなく、寧ろ月商に3ヶ月分・6ヶ月分・・と、たくさんのキャッシュを貯蓄することを意識していきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 定期積金は何年契約がいいの
  2. 小規模な建設業経営で留意すべき点
  3. 法人の経理はガラス張りにする
  4. 経営の助言を受ける際の注意点
  5. 顧客への紹介は慎重に
  6. 手形の割引だけじゃなくて売掛金も割引したい
  7. 今後求められていく経理人材とは
  8. 設備投資の採算を判断する方法

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP