ブログ

自社にとって銀行とはどんな存在?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、銀行との基本的な付き合い方についてお伝えします。

自分の会社にとって、銀行とはどのような存在でしょうか?

いつも融資をしてくれるパートナーだと思っている方もいれば、貸しはがしに来る可能性もあるし、晴れているときにしか傘を貸さない敵に近い存在であると思われている方もいらっしゃるでしょう。

小生は今まで様々な経営者から銀行のイメージを聞いてきましたが、どの経営者にもある程度共通していたのが「漠然としたイメージ」「感情のバイアスがかかった状態」で、銀行の事を見ている方が多かったように思います。

銀行の中身は、一般的な事業会社ではないのでよく分かりませんし、良くも悪くも会社経営に対して銀行の与える影響は大きいので、感情的に銀行を見てしまう気持ちもよくわかります。中にはひどい担当者や支店長もいますし・・

答えはないのですが1つお勧めできるのは、銀行を1社のビジネスパートナーだと考えて取引することです。

ビジネスパートナーであるためには、先ず利害関係が一致する事が必要ですね。

銀行はお金を貸して利息収入を増やしたい・シェアを拡大するために預金残高を増やしたいという意向があり、こちらは銀行からお金を借りてビジネスを大きくしたい・預金残高を増やして自己資金を厚くしたいという意向があります。

お互いの利害が一致するという事は、ビジネスが成立するという事です。

次にビジネスパートナーであれば、持ちつ持たれつの関係であることが望ましいです。

コロナウイルスなどの影響で売上が急激に減ってしまったら、銀行に緊急の融資をお願いしたいものです。

その一方、銀行も日々厳しいノルマに追われているため、ノルマの達成のために多少なりとも社長に協力してほしいと思っています。

具体的には、無理のない範囲内で9月末3月末に預金残高を増やしたり、必要がなくても融資を受けて差し上げるとよいでしょう。

また、複数の銀行を競争させて金利の引き下げを図ることは有効の経営戦略ですが、やり過ぎは禁物です。相手の立場になってみれば、徹底的に買い叩こうとする取引先なんて相手にしたくないでしょうし、決して応援する気にもなれないと思います。

銀行は業者ではありません、ビジネスパートナーとして他の取引先と同じような信頼関係を築いていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 借入をした後はどうすればいいの?
  2. 資金繰りを改善するための3つのヒント
  3. 手元資金を充実させたい場合に借入は可能なの
  4. スコアレンディングの実際のところ
  5. 融資と補助金
  6. 役員貸付金の解消方法①
  7. 融資を受ける目的で事業計画書を作ると・・・
  8. 異動が始まってます

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP