ブログ

都心の会議室は本当に必要?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、都心の会議室の利用方法についてお伝えします。

都心の駅の近くに会議室があると便利ですよね。

渋谷駅から徒歩5分、秋葉原駅から徒歩2分など、駅前に会議室があるだけで人を呼びやすくなります。

本店登記をしている自宅が埼玉県や神奈川県・千葉県にあっても、自宅とは別に会議室付きレンタルオフィスを都心に借りている会社もあります。自宅に人は呼びにくいですし、住宅地は駅から10分以上離れていることも多いので、お越しいただくのも大変です。

ところで、その都心に借りている会議室付きレンタルオフィスは1月あたり何回・何時間使っていますか?

都心に会議室付きのレンタルオフィスを借りると、7万円~10万円以上費用が掛かります。

都心の貸し会議室でも、1時間あたり1,000円~1,500円くらいで利用できるので、どのくらい使えばレンタルオフィスを借りた方が得になるのか検討してみる事をお勧めします。

レンタルオフィスが月額7万円、貸し会議室が1時間1,000円だと仮定すると、1ヶ月70時間以上使う場合はレンタルオフィスを借りた方が有利です。1ヶ月20日営業日があるとすると、1日3時間ちょっと会議をする計算になります。

業種・業態によるかもしれませんが、1日3時間以上同じ会議室で会議をするのでしょうか?

会議をするにしても、客先に行くこともあれば、クライアントの最寄り駅のカフェでお会いするケースもあります。

どうしても1日複数件会議がある場合等も、都内のコワーキングスペースなどであれば、1日3,000円以内で利用できます。

そもそも、コワーキングスペースで事足りるのであれば、フリードリンクで月額2~3万円で利用できるでしょう。

利用状況に応じて、会議室を利用する事を目的にレンタルオフィスを借りる事が、他の選択肢と比較して割安なのか検討してみるとよいでしょう。定期的に自社の会議室利用状況と、利用設備のコスト・利便性等を比較して会議室をどのように使うか決める事が大切です。

特に考えず、都内に会議室付きレンタルオフィスを借りるだけではもったいないです。貸し会議室・コワーキングスペース・シェアオフィス等、複数の選択肢の中から比較検討して、会議室の利用方法を決めていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 設備投資の採算を判断する方法
  2. 売上総利益にはどのように着目するのか
  3. 答えは現場にあり!①
  4. 自己資本比率の高い会社は良い会社なの?
  5. セカンドオフィスの活用
  6. 価格を一定水準以上に
  7. 埋蔵金は業界の常識の中に埋まっている
  8. 非正規雇用でも人件費が減らない理由

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP