ブログ

2021年に募集される予定の補助金&融資制度

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、2021年に募集される予定の補助金&融資制度についてお伝えします。

「令和2年度第3次補正予算案」の閣議決定に伴って経済産業省のサイトに経済産業省関係資料が公表されました。
その資料に記載されていた「令和2年度第3次補正予算での経済産業省の中小企業支援施策」について、一般的な中小企業が利用できそうなものをピックアップしていきます。

1.事業承継・引き継ぎ補助金
2020年に募集された「事業承継補助金」と「経営資源引き継ぎ補助金」が、「事業承継・引継ぎ補助金」と名前を変えて募集されます。
「事業承継・引継ぎを契機とする新たな取組(設備投資、販路開拓等)や廃業に係る費用、事業引継ぎ時の専門家の活用費(仲介手数料、デューデリジェンス費、企業概要書作成費等)の一部を補助します」

…とあります。

実際には、内容的には2020年募集のものと大きく変わりません。



2.中企業等事業再構築補助金
別途記事を書きます。



3.ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金の拡充
以前の「コロナ特別対応型」が、拡充した内容に形を変えて募集されます。

(1)事業的・概要
●新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、感染拡大を抑えながら経済の持ち直しを図るため、中小企業のポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環を実現させることが必要です。

●新型コロナウイルス感染症の流行が継続している中で、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けた中企業等の取組を支援するため、令和2年度に措置した特別枠を新特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)に改編します。

(2)低感染リスク型ビジネス枠における各補助事業の拡充内容
●ものづくり補助(設備導、システム構築)対接触機会の減少に資する、製品開発、サービス開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資、システム構築等を支援します


通常枠:補助上限額 1,000万円 補助率1/2(規模 2/3)

低感染リスク型ビジネス枠:補助上限額 1,000万円 補助率2/3

●持続化補助(販路開拓等)
小規模事業者等が経営計画を作成して取り組む、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導等の取組を支援し、その取組に資する感染防対策への投資についても一部支援します(※)
※補助対象経費のうち1/4を上限として感染防対策を支援

通常枠:補助上限額 50万円 補助率2/3

低感染リスク型ビジネス枠:補助上限額100万円(※) 補助率3/4
※ 感染防対策費も一部支援


●IT導補助金(IT導)
複数の業務程を広範囲に対応する業務形態の転換が可能なITツールの導入を支援します。
また、この中において、テレワーク対応類型を設け、テレワークのクラウド対応したITツールを導する取組を支援します。
※テレワーク対応類型は補助上限150万円

通常枠:補助上限額 450万円 補助率1/2

低感染リスク型ビジネス枠:補助上限額450万円(※) 補助率2/3
※テレワーク対応類型は150万円

4.中・小規模事業者等の経営改善等の取組に係る新たな信用保証制度の創設
【目玉政策】
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中・小規模事業者等が、金融機関の継続的な伴走支援を受けながら経営改善等に取り組む場合に、保証料の一部を補助する制度を創設。

<対象要件>
保証限度額:4,000万円
保証期間 :10年以内
据置期間 :5年以内
金利:金融機関所定
保証料(事業者負担分):0.2%(補助前は原則0.85%)
売上減少要件:▲15%

その他:
・セーフティネット保証4号、5号、危機関連保証の認定を受けていること
・今後取り組む事項(アクションプラン)を作成すること
・金融機関が継続的な伴走支援をすること

この制度は、2021年3月以降に終了(予定)となる、「民間金融機関による実質無利子・無担保融資」の後継となる制度ではないかと思います。日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」や「民間金融機関による実質無利子・無担保融資」を借りた事業者に、更なる資金需要が発生した場合に対処するための制度として活用されるでしょう。

以前から「返済可能性を示さなければ、今後は新規融資を獲得することは難しい」とお伝えしていましたが、この制度はその根拠として「今後取り組む事項(アクションプラン)を作成」「金融機関が継続的な伴走支援」を求めるようになっている制度と言えるでしょう。

しかし現在の金融機関のマンパワーでは、「経営改善等の取組」に対する「継続的な伴走支援」を行うのは難しいでしょう。
この制度を積極的に利用しようとしている金融機関は、何らかの形で、それができる専門家に支援を求めてくる可能性が高いと思います。


5.民間金融機関による実質無利子・無担保融資の期間延長
新型コロナウイルス感染症により売上が減少した中・規模事業者等に対して令和2年より開始した、都道府県等の制度融資を活した間融機関による実質無利・無担保、保証料補助について、年度末の資需要の増加による本公庫等の窓口ひっ迫に対応するため、来年3月まで実施。

6.早期の事業再生に向けた取り組みを促す信用保証制度の拡充
中企業再援協議会や経営改善サポート会議等の支援により作成した事業再計画を実するために必要な資金を保証付融資で支援する「経営改善サポート保証」の据置期間を5年に延ばした上で、保証料の一部を補助をする制度に拡充。

保証限度額:2.8億円
保証期間:15年以内
据置期間:5年以内
金利:金融機関所定
保証料(事業者負担分):0.2%(補助前は原則0.8~1.0%)
売上減少要件:▲15%


その他:中小企業再生援協議会や経営改善サポート会議等の支援により作成した事業再生計画を実施すること

令和2年度第3次補正予算案(経済産業省関連)の概要 (METI/経済産業省)

2021年の目玉となる融資制度は、上記の【中・小規模事業者等の経営改善等の取組に係る新たな信保証制度】になると思います。
コロナによる影響で資金繰りが悪化している企業は、今後ますます資金調達が難しくなるでしょう。その状況を乗り越えるための制度が、この【中・小規模事業者等の経営改善等の取組に係る新たな信保証制度】になると思います。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 待望の家賃支援給付金
  2. 埼玉県所沢市のコロナ関係給付金情報
  3. 事業承継・引継ぎ補助金のリニューアル
  4. 埼玉県の家賃支援給付金(貸主用)
  5. 埼玉県飯能市のコロナ関係給付金情報
  6. 板橋区のホームページ・チラシ制作助成金
  7. 東京都のBCP補助金
  8. 埼玉県志木市のコロナ関係給付金

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP