ブログ

コロナ融資はメインバンク変更のチャンス①

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、コロナ融資を活用してメインバンクを変更する方法についてお伝えします。

コロナウイルスの影響で経営状況が悪化した企業に対して、民間の金融機関や日本政策金融公庫がコロナウイルスへの対策融資を出しています。3年間無利息で融資を受けることができ、制度によっては信用保証料も発生しません。

このコロナウイルス対策融資の中に、信用保証協会が100%保全してくれる(貸倒れた場合の責任を取ってくれる)保証制度として、「セーフティーネット4号保証」「危機関連保証」を活用した融資制度があります。

これらの融資制度では銀行にとって、実質的にノーリスクで融資ができるため、各金融機関が挙ってコロナ融資の獲得に走っています。

既にピークは過ぎましたが、銀行に行くと未だにコロナ融資が必要な取引先の紹介を依頼されます。このコロナ融資を利用して銀行が融資先を探している状況ですので、中小企業としてはメインバンクを変更する絶好のチャンスです。事業を始めるときはよくわからなかったので、いつも個人で利用している三〇UFJ銀行や三〇住友銀行などのメガバンクで法人口座を開設した会社も多いのではないでしょうか。
我々中小企業にとって、メガバンクや第一地銀をメインバンクとすることは、あまり好ましくありません。彼らがお客様だと思っているのは、年商10億以上の「中堅・大企業」や、資産家・上場企業の創業一族などの「富裕層」です。

中小企業でも、ちょっと業績が良い状態が続いていると、メガバンクが営業に来て町の金融機関ではマネできないような超低金利で、融資のシェアを取ろうとしてくることがあります。しかし、晴れの日に傘を貸しても雨の日には中小企業を見捨てることが多いです、ドライな感じですね。業績が傾いてきた途端に、新規の融資をストップし、場合によっては貸し剥がすようなことをしてくる可能性もあります。

彼らは上場企業です、利益を追求しなければ株主に経営陣が解任されてしまうのです。致し方ない部分もあるでしょう。

さらに最近では、地獄のような働き方改革を強要されて、「いかに手間がかからないで大きな収益を上げるのか?」という部分を重視している傾向もあり、大口の融資・大型M&Aの仲介・富裕層向けのプライベートバンキング業務に力を入れています。

ますます、中小企業からは遠い存在になっていきます。

このコロナ融資が出ている今がチャンスです。

年商が概ね5億円未満の企業は、メインバンクを地域密着型金融機関(信用金庫・信用組合・第二地銀)に変更しておきましょう。

大規模な金融機関よりも親身に、貴社の事を考えてくれます。融資はもちろんの事、販路拡大・ビジネスマッチング・情報提供など様々な面で貴社の経営をサポートしてくれることでしょう。

次回はメインバンクを変更する際の注意点についてお伝えします。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 中間納付の納税がキツイー
  2. 先日銀行からお聞きしたこと
  3. 融資を受けるときは決算書のどこを見られるのか【損益計算書偏】
  4. 多めに融資を受けてはいけない経営者の特徴
  5. 融資申請に事業計画書は必須なのか
  6. メインバンクが融資をしてくれなくなった場合の対策①
  7. 自社の銀行格付けの目安が知りたい
  8. 公的な支払いを怠るとどうなるのか・・

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP