ブログ

バトンタッチ承継か新規開業か

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、事業承継の2つの手法についてお伝えします。

事業承継というと、一般的には先代社長が育てた会社を引継ぐのが一般的です。

しかし、事業承継の方法はこれだけではありませんので、状況に応じてどのような方法を選定するするのか判断していきましょう。

1、先代社長の育てた会社を承継する

最もオーソドックスな事業承継の手法です。

先代社長の残してしまった借入金及び事業承継時の財務インパクト(経営数値への悪影響)をケアするために、定期保険(掛捨タイプの生命保険)で事業保障を確保しておきましょう。

先代社長がもし、役員貸付金を残してしまった場合には、役員退職金の支給を検討しましょう。

2、新しく後継者が別会社を設立し先代社長の会社を清算する

これはイレギュラーなケースです。

ご子息等が先代社長の会社を承継する意思はないが、別の事業を営む場合又は同業であっても別会社で創業したい場合に、ご子息が先代社長の会社とは別に会社設立を行って事業をスタートさせます。筆者でも、仮に父親が会社経営をしていたとしても、その会社を継ぎたいとは思いません。自分で会社を設立し、承継する事でしょう。

仮に、先代社長と同種の事業の場合には、先代社長の加齢に伴って徐々に顧客等の取引先が移ってくるかもしれません。どこと取引しようと、各々の企業の自由ですので。また、血縁関係があるからこそ成り立つ話ですが、技術経験等のノウハウは、例えご子息が別会社を経営していても伝承することができるでしょう。

このケースは、ご子息が父親の会社を引継がずに自分で事業を行いたい場合や、先代社長の会社に物理的に返済不能な借入金があり、かつ、その借入金を作った原因が先代社長にある場合に想定されます。先代社長の会社は、先代社長に万が一の事があった場合に特別清算され、ご遺族も相続放棄されるでしょうからそのまま権利義務共に消滅してしまいます(生前に会社清算&自己破産するケースもあるでしょう)。

また、ホテル業や工場を抱える製造業など、設備産業はこの承継方法を用いることは難しいと思われます。

モラルハザードの観点から、事業譲渡や会社分割及び倒産の悪用は厳禁です。法人格否認の法理等の社会的制裁を受ける可能性があるでしょう。あくまでも、実体として、ご子息が別会社を経営しており先代社長の会社とは全く別のものである事実が重要になります。

素人が付け焼刃で計画倒産等を行っても、そんな浅知恵プロの法的処置で粉砕されます。

法的な安定性を考えれば、父親等の直系尊属と同業で起業する場合には、1のケースの方が望ましいかもしれません。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 本当に賃貸物件を買うと相続税下がるのか
  2. 一般社団法人をホールディングス化したスキームの出口戦略
  3. 新事業承継税制は使えるのか②
  4. ベテラン経営者と若手経営者の生命保険を使った退職金準備
  5. 役員の退職金制度の種類
  6. 退職金の支払原資は広い視野で見積る
  7. 従業員の退職金準備の種類
  8. 事業承継時の保証人解除制度

最近の記事

PAGE TOP