ブログ

メインバンクが融資をしてくれなくなった場合の対策①

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、メインバンクが融資をしてくれなくなった場合の対策についてお伝えします。

いつも融資をしてくれる、頼りになるメインバンクですが、今後も円満な取引関係が続くとは限りません。

銀行は2~3年毎で支店長・担当者が入れ替わります。また、ヒエラルキーなのでトップの方針が変われば融資姿勢も変わってきます。

支店長が変わって別の会社のようになってしまうケースもあるでしょう。

メインバンクが融資をしてくれなくなった時のために、今のうちから対策をしておきましょう。

1. メインバンクからの融資がストップした際に資金繰りに窮しない会社とは

「メインバンクが倒産してしまった!」

「メインバンクの支店長・融資担当役席がかなり保守的な人に代わってしまった。担当者の能力不足で全然融資の申し込みが進まない、自社の正しい情報が決済をする上司まで伝わらない。」

このように、いつも融資をしてくれるメインバンクから突如融資が受けられなくなったらどうしますか?

メインバンクから融資を受けられなくても、資金繰りを回していける会社の特徴として、下記2点がございます。

①メインバンクのほかに、取引のある金融機関を持っている

②手元資金が厚い

ただし、そもそも資金が足りないから融資を受けているのに手元資金が潤沢にあるケースは多くないと思います。なので、メインバンクが融資を渋ってきた時の対策として、①の取引金融機関を増やす努力を始めてみましょう。

2.複数の金融機関とのつきあいをしよう

取引金融機関は1つにまとめるのではなく、かならず複数の金融機関とつきあうようにしましょう。

業績の芳しくない会社が、資金調達のため取引のない近隣の金融機関を訪ねて融資を依頼してもすぐに融資が受けられるとは限りません。いくら資金に困ったからといって、取引のない中小企業の経営者がいきなり「貸して」と訪ねて行っても、金融機関は相手にしてくれない事が多いでしょう。

なぜなら、特に業績の芳しくない会社は、取引のない金融機関と融資取引を始めるために、6ヶ月程度のおつきあいが必要だからです。逆に言うと、財務内容がきわめて厳しい会社は難しくても、多少の債務超過や赤字決算ぐらいなら、6ヶ月あれば、新たに貸してくれる金融機関と融資取引を開始できる可能性があります。

次回は、取引金融機関を増やす手順についてお伝えします。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 返済計画は個人法人とセットで
  2. 金利の相見積りの注意点
  3. 役員貸付金の解消方法①
  4. 公的な支払いを怠るとどうなるのか・・
  5. 銀行から融資を受けられなかった場合の対処方法
  6. 中小企業・フリーランスの救世主?持続化給付金
  7. 「セーフティネット保証4号」に必要な「認定申請書」の取り方
  8. 公庫のコロナ融資はいつまで使えるのか

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP