ブログ

会計事務所の顧問先黒字率の実際の所

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、会計事務所の顧問先黒字率についてお伝えします。

様々な会計事務所のサイトを見ていると、「顧問先の〇〇%が黒字である」と書いています。

これは正確に集計したものであれば嘘ではないのでしょうが、顧問先黒字率の高い会計事務所=優秀な会計事務所と捉えるのは早計です。

それは下記のような事情があるからです。

1、黒字になりやすい業種とそうでない業種がある

少人数のサービス業の会社、具体的には士業の事務所や保険代理店、SEの会社などは固定費が少ない分黒字になりやすい傾向にあります。その一方で、原価が掛かりどうしても黒字になりにくい業種として、卸売業・建設業・製造業・自動車整備業などがあります。

要するに、黒字になりやすい業種をたくさん関与していれば、必然的に黒字率は高くなるのです。

2、役員報酬はコントロールできる

近年は個人の利率が法人の税率を上回っているので、法人で利益を残して納税するパターンが多くなっています。

なので、役員報酬を抑えて意図的に利益を出す法人が増えることで、顧問先の黒字率も高くなるのです。

3、事業会社の関与率は?

税務申告をする人にも、事業をしている人と資産運用をしている人が分かれています。

資産運用をしている人の代表格が大家さんです。大家さんの申告は基本的に黒字になりますし、法人で暗号通貨やFXの取引をしている人も資産運用がうまくいけば黒字になります。

資産運用で利益を出すことに顧問税理士の力はほどんど関係ない場合が多いです。

4、個人事業主が多いと

個人事業主は代表者に給与の支払いがないため、収入-費用=利益になります。なので、必然的に黒字率が高くなるのです。

個人事業主の関与件数が多い会計事務所は、顧問先の黒字率が高くなります。

そもそも、人から聞かれているわけでもないのに自分から黒字率などの数値をPRしているという事は、

その情報の発信者に何かしら都合の良い条件がそろっているという事です。ただ、本当に実力があって顧問先の黒字率が高い会計事務所もあると思いますよ。数字だけをとらえるのではなく、何故その数字になるのか理由も考えてみましょう。

ちなみに、弊社の顧問先黒字率は大体70~80%です。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 役員でも通勤手当が欲しい
  2. 会計事務所を変更する際の注意点
  3. よくあるカーリースの経理処理方法
  4. 利益が読みにくい業種の適正納税対策
  5. 節税することの重要性
  6. 税務署で確定申告書作成サ-ビスを受けよう
  7. ニセ税理士にご用心
  8. 重複計上の危険がある経費とは

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP