ブログ

多角化経営の誘惑に注意

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、個人でビジネスをする場合の、多角化経営についてお伝えします。

このブログをご覧になっている起業家・経営者のあなたは、ビジネスをやる気がみなぎっていると思います。

とても素晴らしい事です。それでこそ、起業家・経営者です。

やる気がみなぎっていることは素晴らしい事ですが、ビジネスを構築していく際に、やる気があるからこそ陥ってしまうトラップもあります。

そのトラップの一つが、「多角化経営の誘惑」です。

簡単に言うと、やる気があって様々なことに興味を持っているが故に、いろいろな事業に手を出して全部中途半端になることです。

知識獲得欲・情報収集意欲が盛んな起業家は、様々なセミナー・勉強会・交流会へ出かけていく事でしょう。

会う人会う人、「協業しよう!一緒にビジネスをしよう!お客さんを紹介できるかもしれない!」と耳障りの良いことを言ってきます。

そして、様々なビジネスに興味を持ち、OOコンサルタント養成講座のような高額セミナーを受講して、安易に新規ビジネスを始めます。

その結果、例えば社労士で起業しようと思っていた人が、労務手続きに加えて助成金の申請を始め、採用サポートを始め、コーチングを始め、カウンセリングを始め、資金調達のサポートをはじめ、集客のサポートを始め・・・

ぜーんぶ中途半端に終わってしまうわけです。

個人でビジネスを始める際に、お金と並んでメチャクチャ重要な経営資源は「時間」です。

そして、1つの事業で一定以上の実力を身に付けて、お客様を獲得していくことは、どうしても時間と労力が掛かります。実力を付けたら、次は既存顧客に解約されないように完璧な仕事をして、きめ細かいサポートをする必要がでてきます。

さらに、実力を維持するために常に最新の情報をキャッチアップして、勉強し続けなければなりません。

もっと言うと、ライバルは1つのビジネスだけに特化している人もたくさんいます。

採用サポートのプロフェッショナル・助成金申請の第一人者・コーチング会の権威などなど、歴戦の猛者がたくさんいます。

その中で、前記のような、労務手続き&助成金の申請&採用サポート&コーチング&カウンセリング&資金調達のサポート&集客のサポート・・・その他多数の事業を展開しているような人が、ライバルに打ち勝っていけるのでしょうか。

決して様々なビジネスに興味を持つ事は悪い事ではありません。

その一方、どのビジネスもお客様の支持を得られるように一定のレベルに到達し、実力と顧客の信頼を維持していくのは、かなりの時間・労力が必要になることを忘れてはいけません。

次回は、多角化経営をするための戦略についてお伝えします。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 自己資本比率の高い会社は良い会社なの?
  2. 貸借対照表を動かすと地雷がいっぱい①
  3. 必要な情報は現場から収集する
  4. 繰返し伝える事
  5. 現金残高に要注意
  6. 中小企業が陥りがちな売上の罠
  7. 保険の加入は健康なうちに
  8. 役員退職金を財務改善や資金繰りの安定に役立てよう

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP