ブログ

多額の生活費は会社経営の敵

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、経営者にとって多額の生活費は危険である点についてお伝えします。

貴社の決算書に、「仮払金」「貸付金」「立替金」といった、発生原因不明の勘定科目はありませんか。又は、実在する手許現金よりも、はるかに多くの現金残高が記載されていませんか。これらは、通常経理がずさんな事・生活水準が高すぎる事が原因で発生します。

経理に関しては、社長が意識を改善し、今後の経理体制を見直していく事で解消します。しかし、根の深い問題であるのが「社長の生活水準が高すぎる問題」です。

社長の生活費が高いと、それ相応に高額の役員報酬の支払いが必要になります。その結果、多額の役員報酬を支払うことで社会保険料の負担も増大し、会社の利益が削られていきます。仮に会社が儲かっている状況であればそれでも何とか会社が続けられますが、会社の業績が落ちてきてしまった場合でも簡単に生活水準は変えられません。

宵越しの銭を持たないような経営をしているので、内部留保も貯まらず、あっという間に借金依存の過大債務企業に転落してしまいます。

 会社の業績から考えれば、明らかに身分不相応な役員報酬の支払いを継続し、会社の資金は減少し、借入は増加、過去の利益の蓄積は次々に食いつぶされ、財務が棄損していきます。

創業後何十年も経過しており、過去に高度経済成長・バブル期など、現在では考えられない程経営環境に恵まれない時代を経験してきたにも関わらず、内部留保がスッカラカン。多額の借財を抱えており、手許現金もカツカツの状態。こういった企業が多くあるのも、根底には「身の丈以上の生活水準」という問題が横たわっています。

なお、この社歴が長いタイプの企業の場合は、実際には支払えるはずもない高額の役員報酬を設定しているケースが多く、役員貸付金ではなく役員借入金が多額になっているという特徴があります。

最後にこれだけ申し上げます、「身の丈以上の生活水準は社長の会社を潰します」

そして、社長個人の人生も台無しになってしまうことでしょう。収入と支出のバランスを図る、これは法人・個人問わず、社会人に求められているテーマです。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 富裕層を対象にビジネスをする際の留意点
  2. 資格や一般的な職業を名乗るメリデメ
  3. 生産性が低くてもBtoCビジネスを行う理由
  4. 紹介しやすい経営者・紹介しにくい経営者
  5. 定期的に仕事のフィードバック・ミスの振り返りをしよう
  6. 自社製品の販売方法
  7. お宝案件は多忙な時にやってくる
  8. ペルソナはどこにいる?

最近の記事

PAGE TOP