ブログ

大手中古車買取業者が高額買取をできるワケ

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、大手中古車買取業者が、高額買取をできる理由についてお伝えします。

ラジオやTVCMでみんなが聞いたことのあるあの大手中古車買取業者、なぜ彼らは高額買取ができるのでしょうか?

豊富な資金力・全国のネットワークを活用した情報料及び調達能力、こういった要素もあるでしょうが、「消費税の仕組み」も大きく高価買取に寄与していると考えられます。

消費税は最終的に負担するのが消費者や非課税売上の割合の高い事業者(医者)等、自身は消費税を支払う一方で相手から消費税を徴収できない人です。その一方で、一般的な売上を上げている企業は実質的に消費税を負担しません。預かった消費税から受け取った消費税を国に納める。消費税を払い過ぎたら過払い分を還付される。簡単に申し上げると、これが消費税の仕組みです。

ここでポイントになるのは、後者の一般的な売上を上げている企業が消費税を支払ったか否かという判断には、「相手が消費税の申告をしている人(2年前の事業収入が1,000万円以上の人など)なのか否かは関係ない」のです。つまり、我々のような一般個人(消費者)から、大手中古車買取業者(一般的な売上を上げている企業)が中古車を買取した場合には、その買取金額のうち10%の消費税を払ったことになっているのです。消費税を貰っている認識はありませんが、計算上はそうなってしまうのです。

(例)中古車100万円を一般個人から大手中古車買取業者が買取

買取業者にとって100万円のうち9万円は消費税の支払になり、その9万円だけ国に納税する消費税が減少するので、実質的な負担額は91万円

なので、例えば他社よりも5%高額買取したとしても、買取相場未満での購入が可能です。

(例)中古車105万円を一般個人から大手中古車買取業者が買取

買取業者にとって105万円のうち9.5万円は消費税の支払になり、その9.5万円だけ国に納税する消費税が減少するので、実質的な負担額は95.5万円

買取相場100万円よりも5%高額買取しても、買取相場100万円よりも低い価格で購入できていますね。これと同様の取引を潤沢な資金で大量に行うので、その経済効果は絶大なのでしょう。

そして、自社が中古車を販売する際には当然ながら消費税を乗せて販売するため、時価+消費税10%の収入が得られます。

(例)再販価格130万円+消費税13万円‐仕入値95.5万円+消費税9.5万円=38万円利益

同様の仕組みで利益を上げていると考えられるのが、中古不動産販売業者・古物商関連業者等があると思います。今後のこの買取業者のメリットは、インボイス導入に伴って段階的に縮小していき、最終的には解消されると考えられます。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. コンサルティング その仕事、本当にお客様は求めていますか?
  2. コンサルティング 士業・コンサルが紹介を増やすための4つのチャネル
  3. 士業・コンサルタントが新規集客するポイント
  4. 優秀な補助金コンサルとは
  5. M&A支援機関登録制度について
  6. コンサルティング 独立を避けた方が無難かもしれない士業のタイプ
  7. 相対比較ができない顧客への対応
  8. コンサルティング 補助金申請サポートの相場感とは

最近の記事

PAGE TOP