ブログ

提供する商材は2つ以上あってもいいのか

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、提供する商材は2つ以上あってもいいのかお伝えします。

特に女性起業家に多いのが、「商材が二つ以上ある。なので、これらを並行しながら提供していきたいのだがどう思うか?」という質問です。スキルややりたい事が複数あるのは素晴らしい事だと思いますが、経験上初めに取り組むビジネスは1つに絞った方が良いでしょう。

勘違いしないでいただきたいのは、ずっと1つのビジネスしか取り組んではいけないという事ではありません。

1つのビジネスでしっかりと結果を出して、そのビジネスと親和性の高いビジネスへ横展開していくのです。ビジネスが成熟する頃には、最初に質問されていた2つ以上の商材は全て扱えるようになっていることでしょう。

この理由は大きく2つあります。

1、スモールビジネスは経営資源・マンパワーが非常に限られている。

社長であるあなたの時間は非常に限られています。自分一人で、営業・サービス提供・経営・勉強とこなしていく事が多くなります。

そんな時に、無名の小規模企業が1つの商材だけを世間に知ってもらい顧客を獲得していくだけでも非常に大変なのに、2つ以上の商材に戦力を分散していたらキャパオーバーになるでしょう。

繰返しになりますが、スモールビジネスは経営資源が非常に限られています。同時並行は中途半端なビジネスもどきを生み出してしまう可能性があります。限りある時間・お金を集中投下して、先ずは1つのビジネスを確立させてみましょう。

2、既存顧客向けの新規商材を考えることができる

1つのビジネスを確立しておけば、あなたの会社に固定のお客様などファンが付きます。

そのお客様はあなたの会社と信頼関係があるので、次の商材も購入してくれる可能性が高まります。

なので、最初にビジネスを立ち上げたように、全く「新規のお客様」に「新規の商材を販売する」という一番大変な営業をしなくて済むのです。

「既存のお客様」に「新規の商材を提供する」という事ですね。

また、既存のお客様へのサービス提供を通じて自社商品に磨きをかけ、「新規のお客様」に「既存の商材を提供する」といったビジネス展開も可能になるわけです。

色々と書きましたが、要するにスモールビジネスにおいては「新規のお客様」に「新規の商材を販売する」営業は可能な限り避けた方が得策かと思います。飲食店など敷居が低いビジネスならともかく、安くはない商材を提供するのでしたら一から新規の顧客を獲得するのは非常に多くの経営資源消費することになりますので。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. グリップ力が大切
  2. グーグルマイビジネスに登録しよう
  3. 社内のメシの種を掘り起こそう①
  4. お客さんは何社でしょう
  5. 簡単な予材管理の方法
  6. 多様なサービスがある人ほど自分からPRを
  7. 板橋区の家賃支援給付金
  8. 営業チャンスのストライクゾーン

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP