ブログ

業界経験が大切な理由

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、起業をする際に業界経験があることが大切な理由についてお伝えします。

起業して始めていくビジネスを選択するうえで、重要なポイントの一つが業界経験の長さ(質)です。

一般的に長く業界経験がある業界でビジネスを始めれば、成功する確率が高まります。なので、日本政策金融公庫をはじめ、各金融機関でも業界経験豊富な方のほうが融資を受けられる確率も高まってきます。

もちろん業界経験のないビジネスで起業してはいけないわけではありませんし、業界経験がなければ成功できない訳でもありません。ただし、それ相応の努力をすることは覚悟しておくべきでしょう。

業界経験が長いことが重要なもう一つの理由が、特定の業界で6年・7年と長い期間勤め上げたという事は、「1つの事を徹底的に極められる忍耐力がある可能性が高い」という点です。当然ながら万人に当てはまるわけではありません。ダラダラとアルバイトに近い仕事だけを10年以上続けた人と、5年だけでも部署やプロジェクト責任者として人の上に立ち、自らの采配と能力・責任で業務を遂行していた人とでは身に付くものが全く違っているでしょう。

1つの事を極めるのは結構しんどいです。挫折することもありますし、上司の叱責や得意先の陰湿なクレームを受けることもあるでしょう。もっと楽に稼げる方法はないのか、友達が努めている○○業界の方が、楽で給料が良さそうだとか考えてしまう事もあると思います。

それでも、1つの業界に勤め上げスキルを磨き続けたというのは、起業して成功するのに必要な「1つの事に対してコツコツと愚直に努力し続ける力」が培われているという事です。

最近急増している、起業して全くビジネスにならないまま廃業するパターンは、1つの事に徹底的に打ち込めない事です。

例えば、手先が器用だから装飾品を作ってネットで販売しよう!→一ヶ月後・・装飾品を頑張って作っているのに二束三文にしかならないから、パソコン教室を開こう!→また一ヶ月後・・パソコン教室は無料体験しか来てくれない人ばっかで全く本講座を受けてくれないから、ホームページを作ってお金をもらおう・・・と、色々なビジネスに手当たり次第に手を付けて、ぜーんぶ中途半端になって儲かりません。

生計を立てるためにビジネス(事業)をするということは、趣味で月5~10万円稼ぐことではありません。それは副業・趣味です。

上記の、装飾品の製造販売・パソコン教室・ホームページ制作のすべてに、そのビジネスだけで生計を立てているような百戦錬磨のプロフェッショナルがいるでしょう。

まずは、腰を据えて1つの事に集中することが大切です。個人ビジネスでは、時間・お金共に非常に限られています。

この1つの事に徹底し努力し続ける能力こそ、1つの業界で長年勤めスキルアップしていくことで身についていくのです。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 独立開業したいけれど銀行はどこを選んだらいいのだろう・・
  2. ゴールデンタイムを大切に
  3. 起業家の熱意はどのように分かるのか
  4. 法人口座開設時の必要書類
  5. 独立する際におススメの書籍①
  6. ビジネスはチームでやっていこう
  7. 創業融資の着金口座はどこにしたらいいの?
  8. 会社を設立したらまずは三点セットを用意

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP