ブログ

法人口座の開設は意外と難しい

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は法人口座の効率的な開設方法についてお話しします。

銀行での口座開設と聞くと、正直大して難しい話ではないように感じることが多いと思います。

例えば、私たち個人が家から近い銀行に行って、「給与の振込口座を作りに来ました」と言えば、

個人番号通知書・身分証明書・銀行印等があれば、即日口座開設できる事でしょう。

しかし、新規に法人口座を開設するのは思いのほか苦戦する事があります。

銀行によっては、創業期の会社が法人口座の開設を申し込みに来るのを、あからさまに嫌がるところもあります。

「それなりの人の紹介ならいいんですけどね・・・」とか、

「法人の取引先は一杯いますし、3年・4年と決算期を重ねていれば話を聞いてもいいですけど・・・」など、

不愉快な思いをされることもあるかもしれません。

また、シェアオフィス・バーチャルオフィス等は会社の実体が本店所在地にあるのか曖昧な部分があり、

より銀行が法人口座を開設したがらない傾向にあります。

銀行も意地悪をしているわけではなく、金融庁から厳しく指導されているので、新規の法人口座の開設に厳しいのです。

得体の知れない法人に口座開設をしてしまうと、マネーロンダリングや振り込め詐欺等の、犯罪に利用されてしまう可能性があります。

最近だと、他人名義の口座を買い集めて、詐欺グループへ口座を売却してしまう業者などもあるそうです。

さて、純粋にビジネスをする目的で法人口座を使っていきたいのであれば、どのようにすれば法人名義の口座を作りやすくなるのでしょうか。

大きく2点ポイントがあります。

①顧問税理士など外部の専門家に銀行を紹介してもらう

顧問税理士のお墨付きがあれば、銀行も安心して口座開設ができますし、

銀行と長年信頼関係を築いている地元の税理士からの紹介でしたら、なおさら効果的でしょう。

②固定電話の設置・独立した事務所を借りる

確かにバーチャルオフィスなどの方が安いですが、実体がない以上実際の事務所の方が信用力が上がります。

固定費などが負担になりますので、無理でなければ独立した事務所を借りて固定電話も設置してみましょう。

新規での法人口座の開設は意外と難しいです、公庫から融資の審査が通ったのに、

口座が開設できないので借入金を振込んでもらえる銀行がない!?という事にもなりかねません。

ビジネスを始める際に、どのように法人口座を開設するのかも考えておいた方が無難です。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. スモールビジネスにおける営業戦略とは
  2. ビジネスはチームでやっていこう
  3. 法人を作るときの費用って安くならないの?
  4. ホリエモン4原則ってなに?
  5. 屋号は二つ以上持てるの?
  6. 本当に使える情報だけを収集しよう
  7. 法人を設立したら保険やクレカの見直しを
  8. 決算期は何月がよいのか

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP