ブログ

粗利益率が高い商品の潜む罠

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、粗利益率が高い商品の潜む罠についてお伝えします。

商品別に粗利益率を見てみると、粗利益率が相対的に高い商品がいくつか出てくると思います。

その粗利益率が高い理由が、製造が難しいから付加価値が高い・なかなか手に入らない素材を使用しているので希少性が高い・需要と供給のバランスが崩れており供給不足の状況となっている(去年のマスクのように)といった理由でしたら納得してよいと思います。

ただし、「なんだか理由がよく分からないが粗利益率が高いしお客様も購入してくれている」といった商品の場合、もしかしたら儲かっているように見えてしまっているだけかもしれません。その理由は、「商品別の粗利益率の計算では販売コストが入っていない」からです。

例えば、他の商品と比較して少し高いし価格が高い事に見合った魅力もない商品であるのに、多額の広告費を掛ける・代理店に多額の販売促進費及び販売奨励金を支払っている・取引先へ購入してもらうために多額の接待交際費を使用しているから、そこそこの量が売れているといったケースがあります。これは、商品の魅力・競争力の低さを多額の販売コストで無理やり補完しており、商品の本来の実力以上の販売実績が出ているのです。

つまり、商品の粗利益率は高く見えても、販売コストを勘案したら赤字かもしれないという事です。これは非常に恐ろしい問題ですね。更に、これは少々間抜けな話かもしれませんが、商品の値引き額を商品別の粗利益率の計算上考慮せずに、売上割引料として営業外費用に計上しているケースもあります。これでは正確な粗利益率の把握ができるわけがありません。

特に小売業など、在庫を抱えるビジネスをされている方は、商品の粗利益率の把握を下記のように工夫してみましょう。

(1単位当たり売上-1単位当たり原価-1単位当たり販売コスト)÷1単位当たり売上×100

今はモノがあふれていて、なかなか商品の売れない時代です。販売コストが多額になる傾向がありますので、売上を追い求め過ぎて、うっかり足元をすくわれないようにしましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 体調が万全でない場合の経営はどうする
  2. こんな保険屋さんがいいです
  3. 設備投資をする際の留意点は?
  4. まずは記録してみては?
  5. 経営の助言を受ける際の注意点
  6. 利益を出すためのヒント
  7. 今後求められていく経理人材とは
  8. 従業員にお金を貸したい

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP