ブログ

キャッシュレスの効果

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日はキャッシュレスするメリットについて、記事を書きます。
昨今頻繁に話題に上がるキャッシュレスですが、これにはどのようなメリットがあるのでしょうか?私自身も可能な限りキャッシュレスを心掛けていますので、キャッシュレスを実行してみてメリットに感じることを書いていきます。


1.現金を持ち歩く必要がないので財布が軽くなる一応書いておきましたが、現状では効果が限定的です。というの も、キャッシュレス決済が可能な商取引はまだまだ限定的で、結局は現金無しに生活ができないからです。


2.キャッシュレス決済を繰り返すことによりポイントが貯まるクレジットカード・LINE PAYなど、決済に利用することによってポイントが貯まるサービスがあります。現金決済では一切ポイントがつく事はありませんが、継続的にポイントが貯まる決済手段を使用すれば数千円数万円分のポイントが気づいたら溜まっている状態になります。


3.決済までの時間を短縮できる誰でもお釣りが出ないように、チマチマ小銭を数えて出していた経験があるのではないでしょうか?クレジットもネット決済もタッチしたり挿入して終わりなので、支払いが早く終わります。ただし、昨年九州に旅行した時にはクレジットで些細な買い物をする際にも毎回暗証番号の入力を求められる事がありました。また、ローソンのようにクレジットを使って決済するとやたら認証などで時間がかかる店もあります。特にクレジットカードは、逆に決済までの時間が長くなることもあります。


4.買い物の足跡を付けられる個人的にはこれが最大のメリットです。現金で数万円おろしたのに、気が付いたら全く財布の中にお金がない、何に使ったのかあまり覚えていない。このような経験をした方も多いのではないでしょうか。キャッシュレス決済をすると、何にいくら使ったのか記録が残ります。利用明細で振り返ることもでき、最近ではインターネットやアプリでリアルタイムに利用明細を確認することができます。これで何に使ったのかわからないという言い訳はできなくなりますよね。


色々とキャッシュレスのメリットをかいてきました。このブログをご覧のあなたも、先ずは何か現金以外の決済手段(クレジットカード・LINE PAY・PAY PAYなど)を利用してみてはいかがでしょうか?

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により 本ブログ の内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 倒産防止共済&新NISAでセミFIREを目指そう
  2. イデコと小規模共済は両方は入れるのか
  3. 賃借物件のエアコン修理は誰が負担するのか
  4. 企業型DCの活用
  5. 住宅ローンのペアローンは使えるのか
  6. 自宅は賃貸と持ち家どちらを選ぶ?①
  7. 経営者の人権も考えましょう
  8. 基礎控除未満の財産でも相続税が発生する場合とは?

最近の記事

PAGE TOP