ブログ

融資を受けるときは決算書のどこを見られるのか【貸借対照表偏】

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、銀行から融資を受ける際に決算書のどの部分を見られるのかお話しします。

今回は貸借対照表について注目します。

銀行から融資を受けるときは、主に決算書(貸借対照表・損益計算書)をベースに審査がされます。

昔は担保を取りながら融資をするのが中心でしたが、現在は決算書を精査して返済できるのか判断することが多いです。

さて、融資を申し込んだときに銀行は貴社の貸借対照表のどの部分に着目するのでしょうか。

いくつかピックアップしてみます。

1、売掛金・買掛金は月商の何倍なのか

架空売り上げを上げて、売掛金を積み増すのは粉飾の代表的手段です。

従って、売掛金が月商(月間の売上)の何倍あるのかをチェックします。

(例)年商9,600万円の会社が2,000万円の融資を申し込んだ 

   貸借対照表には売掛金が3,000万円ある

   この会社が営んでる事業は衣服の小売業で、売掛金はだいたい1か月で回収できる

この会社は月商800万円であり、業界平均の売掛金回収期間が1ヶ月なので、売掛金が3,000万円もあるのは異常です。

回収できていない貸し倒れになっている売掛金があるか、粉飾が疑われます。

いずれにしても、大きな含み損を抱えているかもしれません。

また、売掛金と合わせて買掛金や在庫が月商の何倍あるのか合わせてチェックすることで、

その会社の正常な運転資金の必要額が分かります。

売掛金100万円+在庫50万円-買掛金40万円

→銀行「毎月110万円くらい運転資金が不足しそうだ。したがって、110万円を貸付けるのが妥当だろう。」

2、在庫は月商の何倍なのか

売掛金の月商倍率と同じような考え方です。

ただし、売掛金と比較して在庫は積み増しがしやすく含み損が出やすいです。

売掛金以上に、粉飾決算の温床になっています。

(例)年商9,600万円の会社が2,000万円の融資を申し込んだ 

   貸借対照表には売掛金が4,000万円ある

   この会社が営んでる事業は衣服の小売業で、在庫はだいたい2か月で売れないと滞留してしまう

この会社は月商800万円であり、業界平均の在庫回転期間が2ヶ月なので、在庫が4,000万円もあるのは異常です。

売れ残ってしまって正規の価格で販売できない滞留在庫がたくさんあるのか、粉飾が疑われます。

3、役員への貸付金・関係会社への貸付金は回収できるのか。何のために貸したのか。

会社の何に使ったか分からない支払があったり、社長が会社のお金を個人的なことに使ってしまったりすると、

役員借入金という科目で貸借対照表に載ってしまいます。

この役員貸付金があると、銀行は「融資したお金を社長が個人的に使い込んでいるのではないか」と疑う事でしょう。

また、関係会社への貸付金も多額になってくると、「本当に回収できるのか、他の法人に迂回融資をしているのではないか」と疑われてしまいます。

4、仮払金・その他内容不明の資産

仮払金等も役員貸付金と考えは同じです。

利益が出ているように見せるために、費用の支払いを仮払金にしたり、

社長の個人的な支出や使途が不明な出金が仮払金等になります。

融資を受けるときに限らず、あまり良い印象は持たれない科目ですので、

貸借対照表に仮払金・その他内容不明の資産は載せない方が無難でしょう。

税金計算のためだけではなく、融資への影響のなども勘案したうえで、決算書を作成しては如何でしょうか。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 役員貸付金の解消方法①
  2. 創業期の借入は取り合えず公庫から
  3. 融資を断られた場合の対処方法
  4. 創業融資サポートの種類
  5. 手元資金を充実させたい場合に借入は可能なの
  6. 資金使途は厳守しましょう
  7. 多重債務の怖さ
  8. まだまだ受けられるコロナ融資②

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP