ブログ

融資を断られちゃった⁈次はいつ申し込める?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、創業融資を断られてしまった場合に、次回いつ頃融資を受けられるのかお伝えします。今回は公庫から創業融資を受けるケースです。まず、公庫に融資を断られてから、次回の融資を申し込めるまでの、明確な期間の決まりはありません。よって、断られた原因によって変わってきます。


原因① 税金を滞納していたことによって断られた創業の場合あまりないかもしれませんが、創業後1年以上経過した後に融資を申し込む場合、税金を滞納していると納税の確認書類が提出できなくなってしまいます。その結果、融資を受けられません。
この場合は、単純に税金を納付すれば再度融資の申し込みはできるようになります。ただし、税金の納付をした直後に融資の申し込みに行っても、信用力は落ちますので厳しくなる可能性が高いです。逆の立場になってみれば、融資のために税金を払ったのではないか?融資を受けた後もきちんと納税するのだろうか?と、いろいろ疑ってしまう部分はあると思います。
可能であれば、納税後半年くらいあけてから、再度融資の申し込みに行きましょう。その間は税金はもちろん、各種諸経費や社会保険料を期限内に支払う必要がある事は言うまでもありません。


原因② 自己資金が少ないこれは単純な話です、貯金を増やしましょう。そしたら、また融資が申し込めます。
ただ、中々お金が貯まるまで創業を待てないケースも多いでしょうから、貯金を貯める以外の方法で、自己資金を増やす工夫をしてみましょう。
自己資金の範囲については、以前記事を書いていますので、そちらをご参照ください。https://ameblo.jp/13636369/entry-12520684536.html


原因③ 創業計画書の内容に難がある余りにもバラ色過ぎる計画は考え物です。確実に見えている数字を入れるのならともかく、想定の数字を計画に入れる際は、数字を保守的に見積もることが望ましいです。創業計画書を作成した後に、8割できれば7割くらいしか達成できない前提で計画を組みなおしてみるのがよいと思います。
あまりにも無理のある計画の場合は、面接までの段階で差し戻してもらえることも多いです。無理やり本審査まで突き進んで融資を拒否されてしまうと、計画書を作り直してまた融資の申し込みをすることになってしまいます。事前に顧問税理士等を通して、公庫の担当者と創業計画書の内容を精査しておきましょう。
創業融資の審査に万が一断られても、未来永劫融資を受けられないというわけではありません。めげずに、顧問税理士などの専門家及び公庫の担当者とチームを作って、融資を受けられる体制を作っていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. もしもの時の資金調達をするためには何をしておくべきなのか
  2. 新たに融資してくれる金融機関を開拓する手順
  3. コロナ融資は2回以上申し込めるのか?
  4. 資金使途は厳守しましょう
  5. カードローンがあっても融資を受けたい
  6. 年度末までにコロナ融資を検討した方が良い理由
  7. 証貸は三角、手貸は四角
  8. 伴走支援型特別保証制度を活用するためには

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP