ブログ

資格や一般的な職業を名乗るメリデメ

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、資格や一般的な職業を名乗るメリット・デメリットについてお伝えします。

この記事をあなたは、ビジネスでご自身のことを会社名以外で何と名乗っていますか?

弁護士・税理士のような資格を持っていたら、「弁護士の〇〇です」「税理士の〇〇です」と名乗ることが多いと思いますし、一般的な職業名で、「川越建設の〇〇です」とか「リフォーム屋をしております〇〇です」と名乗るケースが多いでしょう。

このように大衆が誰でもわかるような、資格・職業で自己紹介する事のメリットは、どんな仕事をしてる人なのか直ぐに分かってもらえることです。変に怪しまれないで済みますし、自分の提供している商材もすぐに分かってもらえます。一方デメリットとしては、ご自身で名乗った資格・職業の相場感で、報酬を考えられてしまう事です。

たとえば、「弁護士さんに遺言の作成をお願いするなら相場はいくらかな~」とか、「水まわりのリフォームをしたいんだけど、どれくらいでやってもらえるのかな~」と思ったら、すぐにスマホで相場観を検索できます。よって、スマホで出てきた一般的な相場観からかけ離れた金額で受注することは難しくなります。どうしても、「弁護士」「税理士」「リフォーム屋さん」の水準で相場を見られてしまいますので。

この話は、「〇〇法律事務所」や「〇〇工務店」など、明らかにどんな仕事をしているのか分かる会社名を付けている場合でも、同様の事がいえます。

その一方で、珍しい肩書や独自の肩書を付けた場合はいかがでしょうか?最近聞いたものですと、「キャッシュフローコーチ」や「経営心理士」のような肩書があります。この肩書だけ聞いたら、なんとなくイメージは出来そうでも、結局どんな仕事をしてくれるのか分からないと思います。なので、メリットは同じ職業の相場観で見られなくなるという点があります。この記事をご覧のあなたも、税理士に払う報酬はどれくらいの相場なのか分かっても、「キャッシュフローコーチ」にいくら報酬を払うのか分かりませんよね?

デメリットは、一見何の仕事をしているのか分からない点・失礼かもしれませんが胡散臭いと感じられてしまう点等があります。

仕事を受注できる確率は、前者の資格名や一般的な職業名を名乗る方が高いと思います。何屋さんなのか明確ですし、相場観も分かるからです。その代わり、相場観とかけ離れた高額の報酬を頂く事は難しくなります。正直なところ技量があまりなくても、仕事が受注出来てしまう可能性も高くなるでしょう。

後者のオリジナルの肩書で名乗るケースは、どうしてもお客様に警戒されてしまうので受注確率は高くないと思います。しかし、相場観というものが無いので、受注できれば高額の報酬を頂く事も夢ではありません。ご自身に、それ相応の力がある事が前提になります。

一度ご自身が何屋さんであるのか、見つめ直しても良いかもしれませんね。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 2種類の案件
  2. 販売数量を増やす戦略と単価を上げる戦略のどちらが効果的なのか
  3. 商品ラインナップは多い方がいい?①
  4. お客さんは何社でしょう
  5. ビジネスの大変さ・苦労は自分から伝える
  6. 売上のポートフォリオはどうなっている?
  7. 間口の強みと奥行きの強み
  8. お宝案件は多忙な時にやってくる

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP