ブログ

非正規雇用でも人件費が減らない理由

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、非正規雇用でも人件費が減らない理由についてお伝えします。

人件費の削減のために、非正規雇用者を中心に採用する企業もあります。

現在は非正規雇用者とはいえ一方的に解雇をする事はできませんし、社会保険などの加入義務も厳しくなっています。

実際に非正規雇用者を中心に、会社を回している場合でも必ずしも人件費が削減できているとは限らないようです。

非正規雇用者中心の採用でも、人件費が減らない理由は下記のようなものがあります。

①社会保険の扶養に入れないくらい働いている人が多く、会社の社会保険料の負担が増大している。

年間130万円以上稼いでいる主婦の方等が多いと、社会保険の会社負担が増大します。

たまに聞くことがありますが、勤務時間や給与のごまかしは絶対にやめましょう。

社会保険料の追徴リスクを高めたり、「あの会社年間130万円以上もらっても扶養に入れるよ!」と悪いうわさが広まる原因になります。

②業務量の割に出勤している時間が多すぎる。つまり、ムダに使ってしまっている時間が多い。

非正規雇用の方が給料が欲しいので多めに出勤しようとする際に、勤務時間数に会社の業務量が追い付かないと余剰な人件費が発生してしまいます。また拘束時間=給与額という報酬体系なので、要領よく高い生産性で仕事をするよりも、ダラダラと時間をかけて生産性の低い仕事をする人の方が給与が高くなる傾向があります。

余剰な人件費を負担するだけの企業体力がない場合には、勤務時間中の生産性などについて厳密に管理するのが無難でしょう。

③正社員と比較すれば業務の生産性が落ちることがある。

これは仕方ない部分ですが、正社員と比較すれば非正規雇用者にとって勤務先は、「たまたま今働いているだけの場所」という認識の場合も多いでしょう。会社に対する愛着や貢献意欲は低くて当然です。

非正規雇用者が多い事によって人の入れ替わりが多くなると、採用コスト・教育コストが嵩みますし、シフトに入ってから集中モードになるまでのタイムラグも人の数が多いほど長くなっていきます。

コンビニ・飲食店など非正規雇用者の雇用が必須な業種もあります。ただし、正社員でなく非正規雇用を雇用したからと言って、必ずしも人件費が安くなるわけではない点には留意しておきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 出張費の削減方法
  2. 自己投資のススメ
  3. 埋蔵金は業界の常識の中に埋まっている
  4. 会計情報は複数の次元で比較する
  5. 会社の内部留保を潤沢にするためには
  6. 会社の生命保険は誰からどのように入ればいいの
  7. 人生において重要な事
  8. 中小企業に必要な事業性評価

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP