ブログ

「セーフティネット保証4号」に必要な「認定申請書」の取り方

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、セーフティーネット保証4号の申請に必要な認定申請書の取得方法についてお伝えします。

1、認定書取得のために訪問する先は?

認定書取得のために訪問する先は、事業所のある市区町村の金融担当部署です。

担当部署での面談内容は、以下のような2点を確認します。

●直近の1ヶ月の売上が、昨年から20%以上売上が減少したのか

●直近の1ヶ月と今後2ヶ月の売上合計が、昨年の当該期間に比べて20%以上減少する見込みか

2、認定書取得のために持参すべき書類は?

弊社は法人で申請したので、確認書類は以下の4点です。

●昨年の合計残高試算表(毎月の売上が記載されているもの)

●昨年の合計残高試算表(毎月の売上が記載されているもの

●前期の確定申告書ならびに決算書

●今年の直近1ヶ月分の売上実績&今後2ヶ月分の売上予測表

これで昨年の売上と今年の売上を対比して計算し、売上が20%以上減少しているようであれば認定書を発行してくれます。申請するのが法人なら、上記4つの書類はかならず持っていきましょう。

青色申告をしている個人事業主なら、以下の3点があればいいですね。

●昨年の確定申告書

●直近1ヶ月の売上がわかる資料(試算表があれば試算表)

●今年の直近1ヶ月分の売上実績&今後2ヶ月分の売上予測表

 

問題は、そういった試算表を作成していない個人事業主の場合です。

その場合は、「売上帳」などでもOKです。とにかく「売上がチェックできるもの」が、絶対に必要となります。「売上帳」を作っていない場合、それがわかる伝票や通帳でもOKですが、それらで担当者が確認するのはとても時間がかかります。あらかじめそれがわかる資料を作成し、持参することをおすすめします。

 

3、認定書の発行にかかる時間は?

確認が終了して、認定書が発行されるまで20分程度でした。

事前に待った時間も合わせて、約30分以内で発行はできるようです。ただし市区町村によっては、発行までの時間が大幅に増えるかもしれません。こういった「緊急対策」による融資を申し込む場合は、できるだけ速やかに申請に行かれることをおすすめします。

リーマンショックの時にも、同じように「セーフティネット保証4号」「セーフティネット保証5号」がありましたが、後の方になると、申請してから融資が実行されるまでに2ヶ月以上かかったという例もざらにあったようです。

早めに認定書を入手して、セーフティネット保証4号を活用した融資を活用しましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. メインバンク以外からの「借換提案」の対処方法
  2. 融資の成功率を高める売上・収支改善策②
  3. 担当者が異動を見据えた金融機関との関係構築方法
  4. 信用保証協会ってどこも同じなの
  5. 2回目のコロナ融資を受けたい
  6. 経営者保証を取らない方針の金融機関なのか見抜くための質問
  7. 自動車をローンで買うときはどうする?
  8. 多重債務の怖さ

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP