ブログ

創業者でなくても無担保・無保証の融資を受けたい

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、創業者以外が無担保・無保証の融資を受ける方法についてお伝えします。

創業者(開業して2回税務申告をしていない方)が日本政策金融公庫から創業融資を受けるときは、原則的に無担保・無保証で融資を受けることができます。せっかく無担保・無保証の融資を受けられるチャンスがあるので、法人で融資を受けることをお勧めしています。

その一方、創業して2回以上税務申告をしている場合は、日本政策金融公庫から融資を受ける際に、原則的に法人代表者は連帯保証人にならなければいけません。

ところが、2回以上税務申告をしていても、日本政策金融公庫には無担保・無保証で融資を受けられる制度があるのです。

下記3つの融資制度で融資を受ければ、無担保・無保証で融資を受けられます。

1、経営力強化資金

金利が2.16%と低く、無担保・無保証で融資を受けられます。

ただ、少し使いにくい融資制度で、①創業計画書よりもある程度作りこんだ事業計画書を出さなければいけない②認定支援機関の推薦が必要③新規の事業(新たな取り組み)に挑戦するための資金しか融資してもらえない④融資を受けた後も数年間事後報告が必要になる等、様々なルールがあります。

2、マル経融資

商工会議所の推薦を頂いたうえで、日本政策金融公庫から融資を受けます。

金利が約1.2%と抜群に低く、無担保・無保証で融資を受けられます。協力的な商工会議所の担当者を見つけることが、この融資制度を活用するポイントになります。経営者仲間や税理士から、仲良しの商工会議所の担当者を紹介してもらいましょう。

3、経営者保証免除特例制度

普通貸付の特約で、経営者の連帯保証を免除できる制度です。

①過去2期のどちらかが黒字決算②法人と代表者の財産がきっちり分かれている③借入金返済の遅延がない④債務超過になっていない等の要件を満たし、審査に通れば無担保・無保証で融資を受けられます。

この制度を使うと金利が0.2%増しになるので、現時点だと通常の金利2.16%+0.2%=2.36%くらいになります。それでも、代表者保証は外しておくことをお勧めします。いくら会社経営をするとはいえ、必要以上のリスクを負う必要はありません。

ずっと無担保・無保証で融資を活用して、リスクマネジメントを図りながら経営をしていきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. メインバンクが融資をしてくれなくなった場合の対策②
  2. 資金繰りの強い味方になるクレジットカード
  3. 後いくら借りられるのか目安を知りたい
  4. 融資を断られた場合の対処方法
  5. 年度末は銀行との関係構築のチャンス
  6. コロナ融資の据置期間の伸ばし方
  7. いまだに多いメガバンク1行との取引
  8. 証貸は三角、手貸は四角

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP