ブログ

感情は意外と忘れがち

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、前回に引き続き基本的な集客の心構えについてお伝えします。

様々な商品・サービスを提供していくときには、機能だけではなくその商材を購入する事によって得られる効用を伝えるのが重要です。

商品・サービスの実績や能力・性能の説明も必要なのかもしれませんが、特にBtoCのビジネスですと、細かい機能の説明以上にその商品・サービスをお客様が購入する事によってどのような効果を得られるのか伝えることで、購買意欲を刺激することができます。

有名な話ですが、ジャパネットたかたの高田社長は「ボイスレコーダー」を○○ギガバイドまで保存できますよ!超高音質で録音できますよ!など、機能の説明をして販売しませんでした。

高田社長の営業トークは、「おじいちゃん、おばあちゃん!お孫さんの声が聞きたくないですか?薬をいつ飲むのか、お医者さんに言われた事を覚えていられますか?このボイスレコーダーがあれば、そのような問題を解決できますよ!」と、ボイスレコーダーを購入する事によって得られる効果を説明しています。この顧客目線の営業トークによって、ボイスレコーダーの売行きは上々だったようです。

また、商品・サービスを購入する事によって得られる効果を説明するのと同時に、忘れてはいけないと感じるのが、「感情に訴えかける」という点です。何故この商品・サービスを提供しているのか?何故起業して今の会社を始めようと思ったのか?こういった経緯やビジネスへの熱い気持ちを発信することによって、顧客は単に商品・サービスだけを見るのではなく、社長自身に注目してくれます。

「こんなに○○に対して情熱をもってビジネスをされているんだ!」「○○という夢を実現するために、脱サラしてこのビジネスをされているんだ!」と、社長個人の事を応援してくれるファンになってくれるかもしれません。ファンが増えることにより、必然的にビジネスは拡大していきます。社長一人ではなく、貴社の発展を心から願ってくれる仲間が増えますので、商品・サービスの売れ行きも変わってきます。

ご自身で商品・サービスを購入する場合でも、単にお金儲けのため・飯を食っていくために商売している人と、夢や社会貢献をするために使命をもって商売をしている人とでは、どちらから商品・サービスを購入したいのかは明確だと思います。結局、いろいろと理屈をこねても人は感情の動物です、能力そのものは高くても共感できない・好きになれない人を応援しようとは思えないでしょう。

機能・効果と合わせて、感情の目線も営業に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. HPの制作は慎重に
  2. サービス業における営業戦略
  3. エンドユーザーへアプローチする事の2つの意味
  4. プロフィール写真の選択方法
  5. 商品ラインナップは多い方がいい?①
  6. 関連性のない人脈ほど盲点
  7. 売上の魔力
  8. 社内のメシの種を掘り起こそう①

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP