ブログ

相対比較ができない顧客への対応

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

本日は、貴社のビジネス価値を理解できない顧客の存在についてお伝えします。

もしこの記事をご覧の方が、同業他社よりも素晴らしいクオリティでサービス提供を行っているのであれば、大半の顧客からは同じく同業他社よりも多くのフィーを頂けている事でしょう。

しかし、こんな顧客も存在するのではないでしょうか?

報酬が他社よりも明らかに安い・何年も前に契約してから現在の新規受注水準まで改定できていない・同業他社の数字を持ち出してきて頑なに価格改定を拒否する・・多くの業種業界でこういった話を耳にします。

さて、何故多くの業界でこういった顧客を抱える現象が起きるのでしょうか?

これにはいくつか理由があり、代表的な理由は「同業他社を使用したことが無いので、貴社の高付加価値サービスの事を当たり前だと思っている」という点です。彼らにしてみても、ある意味悪意はないのです。だって、他の会社を知らないのですもの、相対比較はできないです。

次に、想定されるのが「貴社の事をただの業者だと思っている」という事です。おめえタダの保険屋だろ?OA機器なんてメーカーが同じなんだからどこの代理店から買っても変わんねえだろ?司法書士なんざただの下請けだよ。誰に依頼しても結果変わんねえだろ?このような具合に、貴社の事のみならず、業界自体を軽んじている場合があるのです。

最後に、前記と被りますが「金を払う人=偉い・正しい」と思いこんでいる事です。このケースは、もはや解説の必要はないでしょう。

さて、これらの顧客は残念ながら有効な対処方法が少ないです。できる事としては、「今一度、貴社のサービスの有用性を説明したうえで、改めて価格改定を行いましょう」。

ここで重要なポイントが、しっかりと回答期限を設けて、回答がYESの場合のみ回答を求めるという点です。つまり、回答期限までにサービス内容に対する価値を認め、価格改定に同意できないのであればフェードアウトするしかないのです。価格改定に応じない人は意地でも応じません、周りの人間の話も聞きません。

そういった人ははっきり申し上げて客でも何でもありません、早々に見切りを付けて、貴社のサービスを本当に必要としてくれる人の力になってください。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. コンサルティング 税理士と不動産屋さん(販売会社)との協業ってどうなの?
  2. 顧問契約を長く続けるために
  3. 事業復活支援金の事前確認には金融機関にも協力を
  4. 優秀な補助金コンサルとは
  5. 創業融資案件の獲得のためのフランチャイズ本部へのアプローチ
  6. コンサルティング 税理士から見た中小企業診断士資格の魅力
  7. コンサルティング 今後の中小企業診断士のビジネスは
  8. M&A支援機関登録制度について

最近の記事

PAGE TOP