ブログ

融資申請に事業計画書は必須なのか

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、融資申請に事業計画書は必須なのかお伝えします。


融資を申し込む際には、様々な書類を提出します。中には決算書など提出が義務付けられている書類がある一方で、一部の融資制度を除く一般的な融資制度では事業計画書等の書類は任意提出となっています。さて、作成に手間暇がかかる事業計画書は、融資申請の際に作成すべきなのでしょうか。


1.事業計画書は必須か

必須ではありませんが、融資額がある程度大きいなら、事業計画書がないと金融機関に納得してもらえる説明ができないと思われます。逆に、下記のようなケースは不要でしょう。

●年商1,500万円
●運転資金として100万円借りたい
このケースは、仮に運転資金を5年以内の返済と考えると月々約2万円の返済となりますが、年商1,500万円もあるのに、月2万円の返済ができないとは金融機関も判断しないでしょうから、事業計画書は不要かと思います。

2.事業計画書が必須になる融資額は

案件によって企業規模や財務体質もバラバラなので一概には言えませんが、希望融資額が500万円を超える場合は、事業計画書を作っておくと安心です。1,000万以上になると、審査がより厳しくなるので、その場合の事業計画書は必須レベルです。

また、事業計画書は厚すぎるのも考え物です。

金融機関経験者の視点でお話しすると下記の程度で収めてみてはいかがでしょうか。
●数値計画がA4で1~5枚(サマリー1枚にまとめておく)
●文章の事業計画はA4で10枚くらい


自分ひとりで事業計画書を作成できる経営者は少なく、ほとんどは士業・コンサルタントなど専門家の助力を必要とします。
しかし事業計画書の作成は、たいへん骨が折れるもの。サポートする専門家は、「多くの情報を渡して融資を確実に」と「できれば作らずに済めば…」の間で揺れます。

一方、貸す側の金融機関が、あれもこれもと多くの情報を得たがるのも理解できます。
彼らは「貸したい」からこそ、明確な返済可能性を示してほしいと考えているのです。

大切なのは、「必要十分な情報」を金融機関に渡すこと。
これまでもお伝えしてきたように「ひとつとして同じ融資案件はない」ので、一概に言えないことも多いのですが、金融機関が「どんな情報を」「どのくらいのレベルまで」必要とするか、ある程度の目安は知っておきたいですよね。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 先日銀行からお聞きしたこと
  2. 返済計画は個人法人とセットで
  3. 事業計画書の作成で2回目のコロナ融資をスムーズに
  4. ファクタリングをする際の留意点
  5. 融資を断られちゃった⁈次はいつ申し込める?
  6. 新たに融資してくれる金融機関を開拓する手順
  7. メインバンク以外からの「借換提案」の対処方法
  8. 融資に強いと自信を持つために押さえておきたい事

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP