ブログ

創業融資のカタログ

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、創業融資のカタログをお伝えします。

1.新創業融資制度

日本政策金融公庫の融資制度です。

公庫に創業融資を申し込んだ場合、ほとんどが、こちらの制度を勧められます。

対象者は、「新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方」税務申告を二期終えてしまうと、この融資制度の対象になりません。

新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を1期終えていない方は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金が必要になります。

しかし、10分の1以上の自己資金があるからといって、この融資が借りられるかというと、そんな簡単なことではありません。

あくまでも、必要要件であり、実際には、10分の1の自己資金では不足だと見なされ、融資を断れるケースは少なくありません。

円滑に新創業融資を借りるためには、3割ぐらいの自己資金は、準備しておくべきでしょう。

この制度のメリットは、無担保・無保証人で借りられること。法人の代表者が保証人に入る必要はないのです。

2.中小企業経営力強化資金

こちらも、日本政策金融公庫の融資制度です。

新創業融資制度よりも金利が安いです。

自己資金要件はありませんが、自己資金が少ない場合は、新創業融資制度と同じく、融資を断られる可能性が高くなります。

2千万円までなら、無担保・無保証人で借りられます。

ただし、この中小企業経営力強化資金を借りるには、条件があります。

(1)新たな取り組みが必要

「新しい商品・サービスの開発」「新しいしくみやシステムの導入」による事業計画を作成すること

フランチャイズビジネスを行うために、『中小企業経営力強化資金』を利用することはできません。

(2)認定支援機関のサポートが必須

認定支援機関とは国が認定した中小企業等への支援機関。

この融資を受けるには認定支援機関の助言と指導を受けることが必須要件となっています。

(3)報告義務がある

「借主が策定した事業計画期間内において、年1回以上、事業計画進捗状況を公庫に報告すること」が利用の要件となっています。

年1回以上、事業計画進捗状況を公庫に報告できないときには、期限の利益を喪失することになり、繰上償還となります。

一般的には、この中小企業経営力強化資金は、新創業融資制度よりも多くの資金を借りられる可能性が高いです。

3.都道府県の創業融資制度

都道府県の創業融資制度は、基本的に内容は大きく変わりません。

微妙に内容が違っていたりするので、この制度を利用する場合は、あらかじめ内容を確認の上、申し込まれることをお勧めします。信用保証協会の保証が必要になります。

4.市区町村の創業融資制度

自治体によって、内容が微妙に違うため、事前に調査が必要です。

事業を行う予定の市区町村の融資制度を利用できます。

市区町村によっては、創業融資制度を設定しないところもあります。

その場合は、日本政策金融公庫か、都道府県の創業融資制度を使うしかありません。

制度の内容を調べるためには、「創業融資」「市区町村名」で検索すれば、知りたい内容が見つかります。

融資以外の地方自治体特有の創業者支援制度があることも多いので、そちらも一緒に調べると、よりお得な情報を手に入れることができます。

市区町村によっては、とんでもなく有利な融資制度になっているところもあります。

例えば、東京の品川区の場合、初めての創業の場合は、実質0.2%で借りられる上、保証協会の保証料も、全額負担してくれます。とても安く借りることができます。

5.民間金融機関の創業融資制度

民間金融機関も最近は、創業融資に積極的に取り組んでいるところも出てきました。

民間金融機関が行う創業融資制度は大きく3つに分かれます。

(1)日本政策金融公庫との提携融資

日本政策金融公庫と提携している民間金融機関が、日本政策金融公庫がOKした融資に対して、別途融資する制度です。

日本政策金融公庫から申し込むことができるので、民間金融機関を開拓するには、手っ取り早い方法です。

(2)信用保証協会との提携融資

信用保証協会と提携している民間金融機関が、信用保証協会が保証OKした場合、融資する制度です。地方自治体の創業融資制度と似ていますが、地方自治体が絡まない分だけ、審査のスピードが速いです。

(3)プロパーでの創業融資

民間金融機関が独自で創業に必要な資金を融資する制度です。

取り扱っている金融機関はあまり多くなく、金額も少なめですが、民間金融機関との取引を考えているのであれば、創業時に使えるので、使い勝手がいいかもしれません。

プロパーでの創業融資を利用する場合は、日本政策金融公庫で融資がOKとなり、実行されたその足で、当該金融機関に申し込むと、比較的通りやすくなっているようです。

6.どの制度が一番使い勝手がよいか?

これら5つの創業融資制度の中で、一番使い勝手が良い制度かというと、創業希望者の条件によって、いろいろとかわりますが、私の独断だと、調達額が5百万円以下の場合は、「新創業融資制度」調達額が5百万円以上の場合は、「中小企業経営力強化資金」だと思います。

地方自治体の創業融資は時間がかかるため、あまり使い勝手がよくありません。

公庫なら、早い場合、1週間程度で審査の結論を出してくれるのですが、地方自治体の創業融資となると、早くても1ヶ月。長くなると、結論が出るまで3ヶ月かかったという事例もあります。

しかし、時間がかかってもいいのであれば、市区町村の創業融資制度を利用することで、とても安く借りることができることもあります。

自分の目的に応じて、うまく、融資制度を利用していきましょう。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 起業家の熱意はどのように分かるのか
  2. 見せ金を作らないための出資方法
  3. 定款ができたら公証人に事前確認してもらおう
  4. やっぱりすぐ使えなきゃ
  5. この時期に創業セミナーの情報をキャッチアップしよう
  6. 個人で収益物件を持っている場合の創業融資の留意点
  7. 法人口座開設時の必要書類
  8. 飲食店で開業する場合の創業融資のポイント

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP