ブログ

リスケしていても、新型コロナウイルス感染症特別貸付を借りられるの?

会社の将来に希望と安心を持ちながら、長く経営を続けることができる
そんな未来を提供します
年商3億円未満の会社のための財務改革 ミライ財務®

こんにちは!

経営コンサルタント・税理士の森です。

今回は、リスケ企業は、新型コロナウイルス感染症特別貸付を借りられるのかお伝えします。

基本的にリスケ中は、新規に融資は受けられません。ただし、現在は特異な経済状況で、普段の常識が通じないような融資情勢になっています。さて、リスケ中の会社は、コロナウイルス関連融資を受ける事ができるのでしょうか?

1.リスケ企業は、新型コロナウイルス感染症特別貸付を借りられるのか

一般的に金融機関は、リスケをしている先に追加で融資をすることは、まずありません。

しかし今回の新型コロナウイルス感染症特別貸付では、リスケをしている企業でも借りることができたという事例が結構あります。

2.リスケ企業が新型コロナウイルス感染症特別貸付に申し込んだ事例(同業からの情報)

(1)8年リスケ中の製造業 → 2,000万円実行

(2)1年リスケ中の建設業 → 2,000万円実行

旧債務が1,000万円残っていたため、合算して2,000万円実行。

真水(新たに手許に資金が残った金額)分は、1,000万円です。

(3)リスケ申し入れを検討していた卸売業 → 2,000万円実行

(4)8年リスケ中の食品加工業 → 謝絶(=NG)

(5)2019年8月にリスケ開始 → 1,000万円実行

旧債務が800万円残っていたため、200万円の追加融資と既存借入金との一本化を依頼し、返済期間も15年に延長。

3.借りられる金額の目安

リスケしている旧債務の金額にもよりますが、現時点での情報によると、貸出額2,000万円というケースをよく見かけます。また、「旧債務の当初借入額までならOK」と言われた事例もあるようです。

4.借りられるか借りられないかのポイント

借りられた事例の内容を聞いてみると、借りられるか借りられないかのポイントは、「返済できる可能性があるか」のようです。 

ただし、その企業の財務内容や経営状況にもよりますので、必ずしも事例のようになるとは言えません。その点はあらかじめご了承ください。

(1)返済額が、現在と同額かそれ以下の場合

新たな融資の返済期間を長くすることで、リスケ中の返済額より新たな融資の返済額が下回る場合は、借りられる可能性が高いようです。

(例)

リスケ中の債務の現在残高:1,000万円

当該債務の当初借入額:2,000万円

当該債務の当初毎月返済額:23.8万円(7年返済)

リスケ中の債務の毎月返済額:12万円(12万円減額)

新たな融資の金額:2,000万円(真水分1,000万円)

新たな融資の返済期間:15年(300回返済)

新たな融資の毎月返済額:11.1万円

つまり、リスケ中の債務の毎月返済額:12万円 > 新たな融資の毎月返済額:11.1万円

この例の場合、リスケ中の返済額より新たな融資の返済額が下回っているので、「返済可能」と判断されるようです。

(2)返済できる根拠を伝えた場合

「現在リスケ中だが、新型コロナウイルスがおさまった後に返済できる可能性がある」という根拠を示すことにより、融資を引き出せた事例もあります。

「現状でもまともに返済できないのに、新たに借りて返済が増えれば返せるわけがない」と通常では判断されますが、「こういう理由があるので、たとえ返済が増えたとしても、何とか返していけます」という根拠を説明する資料を添付することが重要です。

通常ならその根拠に対しても厳しく審査しますが、今は金融機関側も「救える可能性がある企業はなるべく支援しよう」というスタンスです。

金融機関がある程度納得しやすい資料を企業側から出すことで、語弊を恐れずに言えば、大目に見てくれる傾向があるようです。返済根拠の説明として納得してもらいやすい資料は、以下のとおりです。

●資金繰り表

●必要とする資金額の説明書(融資の申込書+事業計画書でもOK)

●融資依頼書兼経営計画書(融資の申込書+事業計画書でもOK)

ただし、あまりにも「夢物語」のような根拠だと、金融機関もまったく相手にしてくれません。くれぐれもその点にはお気をつけください。

このタイミングで、追加の資金調達・既存の借入金の借り換えをご検討してみてはいかがでしょうか。

ご閲覧ありがとうございました!

☆☆起業家・東武東上線沿線企業の経営者・中小企業支援者向け情報☆☆

①社長塾                                                 弊社は定期的に中小企業経営者向けの勉強会等を主催しております。                                       会社経営に関する情報収集にお役立てください。

②生命保険会社・金融機関・士業向け勉強会実施中(事業承継・財務改善等の勉強会実施実績あり)                                                         生命保険会社・金融機関・士業向けの、個別・集合勉強会を承っております。お気軽にご相談ください。

③YouTubeチャンネルでも、独立開業に役立つ情報を発信させて頂いております。
【起業家・建設業】成功経営情報局
サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所 – YouTube

④LINE@に登録いただいた方には、ブログやHPでは配信しない情報もお届けします。                 お気軽にご登録ください↓↓↓

ホームページサクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社 | サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。サクセス・マネジメント・コンサルティング税理士事務所/株式会社は、地元に密着した、財務改善に強い税理士です。smc-zei.com

【注意事項】

本ブログは、一般的な情報提供として掲載させて頂いている記事ですので、下記についてご留意くださいますよう、お願い申し上げます。

・ 本ブログ は、一般的な情報提供を目的として、原稿を執筆した時点の税制を基に作成しております。このため、諸条件により本ブログの内容とは異なる取り扱いがなされる場合がございます。

・実際の経営判断及び税務判断等は税理士・弁護士の方々と十分ご相談の上、ご自身の責任においてご判断下さい。                                                                  ・一般的な情報提供として、読者向けに分かりやすくするため、表現や数字を単純にしたケースを記載している部分がございます。

関連記事

  1. 公庫のコロナ融資はいつまで使えるのか
  2. 連帯保証のない融資を早めに受けるには
  3. 5-6月に資金が枯渇しやすい原因は
  4. コロナ融資はいつまでに申し込んだ方が良いのか
  5. 信用保証協会ってどこも同じなの
  6. 資金繰りを改善するための3つのヒント
  7. 融資を受けるときは決算書のどこを見られるのか【貸借対照表偏】
  8. コロナ融資は2回以上申し込めるのか?

最近の記事

  1. 結束
  2. 結束
PAGE TOP